auひかりプロバイダおすすめ3社はここ!料金だけじゃない比較するポイント

生活に欠かすことのできないインターネット接続。
家で最高速といえば光固定のサービスです。
残念ながら家の外には持ち出せませんが、ダウンロード/アップロードの最高速度はいずれも1Gbpsになっています。
光固定のサービスはNTTの「フレッツ光」を筆頭に「〇〇光」という名称のことが多くなっており、多くの会社がサービスを提供しています。
今回は、その中でも「auひかり」にセットされているプロバイダに焦点をあてて解説していきたいと思います。

〇〇光(光固定インターネット接続サービス)の基礎知識

〇〇光(光固定インターネット接続サービス)の基礎知識

昔は、FTTH(Fiber to the Home)と呼ばれ、光ファイバーが家まで届く夢のような時代と思われていましたが今や普通にサービスを利用することができます。
このような「光固定インターネット接続サービス」を提供する会社はプロバイダと呼ばれ、数十社以上がビジネスをしています。
実は、すべてのプロバイダが自社の光ファイバーを引いているわけではなく、光ファイバーはほとんどがNTTの設備を利用しています。
全国にNTTが施設した光ファイバーやネットワークの設備を利用してサービスを提供しています。
でも、そんな中「auひかり」はNTTの設備ではなく、自社で光ファイバーを各家庭まで引いています。
インターネット接続サービスを提供するには、1)光回線と呼ばれる部分と2)プロバイダが提供する接続サービスの部分があります。
この2つがないと実際にインターネットに接続することは出来ません。
サービスの提供の方法はNTTとそれ以外で多少異なります。
NTTが提供する「フレッツ光」では、1)と2)を分けて提供します。
1)が基本契約で、2)に関してはいくつかのプロバイダを紹介する形になります。
今提供されているのは、Yahoo! BB 光フレッツコース、BIGLOBE、OCN、楽天ブロードバンドの計4種類となっています。
NTT以外の「〇〇光」、例えば「ソフトバンク光」はソフトバンクが「光コラボ事業者」としてNTTと契約をして、1)はNTTから仕入れて、2)は自社または他社から仕入れたサービスを入れ、セットでお客様に提供しています。
セットにすることで、各「光コラボ事業者」は特別割引や付加サービスの提供が可能になっています。
そのような状況の中で「auひかり」は、NTTと同じように1)と2)を分けて、2)のプロバイダが複数用意されているので、その中から好きなプロバイダを選ぶことが可能です。プロバイダが選べる数少ない光回線のインターネットサービスの1つです。

auひかりのサービスとは?

auひかりのサービスとは?

「auひかり」とは、「光固定インターネット接続サービス」で、家まで光ファイバーを接続してインターネットを提供するサービスです。
外出時に持ち出すようなサービスは出来ませんが、その分家では高速でインターネットに接続できます。
接続は、最大1Gbps(1Mbpsの1,000倍)と超高速です。
また、大きく2種類のサービスがあり、
・一戸建てプラン=4,975円/月(プロバイダ料・機器レンタル料込み)
・集合住宅プラン=2,550円/月~(プロバイダ料・機器レンタル料込み)
集合住宅とは、マンションのような形態を差します。
いずれのプランになるかは、申し込んだ時点で決定されます。
また、これ以外に光ファイバーを家に引き込むための工事費用がかかりますが、キャンペーンなどにより割引されることもあるので、auひかりのホームページなどで確認しましょう。

auひかりの注意事項

auひかりの注意事項

ここでは「auひかり」の一般的な内容に関して説明しておきます。
プロバイダには依存しない項目なので「auひかり」を契約されようという方は知っておいた方がいい内容になります。
「一戸建てプラン」は、光ファイバーを部屋まで引き込みますので、最大1Gbps(1Mbpsの1,000倍)のインターネット接続が可能になります。
工事費用は37,500円となっており、通常は625円x60ヶ月払いで月額料金に含まれるようになっています。
60ヶ月と長期間で、途中で解約した場合は、残額をすべて支払う必要があります。
「集合住宅プラン」にはいくつかの種類がありますが、「G」プランは部屋まで光ファイバーが接続されるタイプ、「V」プランはマンションなどの入り口までは光ファイバーですが、マンション内は電話線を利用するので、最大100Mbpsのインターネット接続速度になります。
なお、これらのプランは選択できるわけではなくマンションの配線設備で決まってしまいます。
工事費用は30,000円となっており、通常は1,250円x24ヶ月払いで月額料金に含まれるようになっています。
途中で解約した場合は、残額をすべて支払う必要があります。
最近auでは「auひかりほーむV」(最大5Gbps)、「auひかりほーむX」(最大10Gbps)というサービスの提供を始めました。
これは、「一戸建て」用のプランで、今までインターネット接続の最大が1Gbpsであったものを5Gbpsまたは10Gbpsに5倍または10倍に高速化するものです。
これは、NTTとは独立したau独自の高速インターネットサービスになります。
対抗するサービスはSo-netの「NURO」くらいです。
まだまだサービスできるエリアが限られているので、ここでの説明からは割愛しています。
ただし、近い将来みなさんへの主力サービスになるかもしれません。
最後に、解約時の注意事項です。
auでは、自社で光ファイバーを引くと説明しましたが、このファイバーは直接auにつながるわけではなく、近くのNTTのネットワークを経由していきます。
このためサービスを解約するときには、NTTのネットワークに接続している光ファイバーを撤去することになっています。
2018年3月からは撤去が必須となり、解約時にも撤去工事が発生し、撤去費用として28,800円が請求されることになりました。

auひかりのプロバイダには何があるの?

auひかりのプロバイダには何があるの?

「auひかり」では、インターネットに接続してくれるプロバイダとして、契約者が選ぶことができます。
他にプロバイダが選択可能なのは、NTTの「フレッツ光」、NTTドコモの「ドコモ光」くらいです。

auひかりで選べるプロバイダは全7社

現在選択可能なプロバイダは、以下の7社になっています。
なお「auひかり」をauのホームページから申し込む場合は、どのプロバイダを選択しても月額料金は変わりません。
各プロバイダはいろいろなサービスを用意しているので、みなさんの希望に応じて最適なプロバイダを選択することが可能となっています。

・BIGLOBE
・So-net
・au one net
・@nifty
・AsahiNet
・@TCOM
・DTI

現在、他のサービスを契約して、他のプロバイダを使っている方も「auひかり」に乗り換えをする場合は、上記の7つのプロバイダのどれかを選ばなければなりません。
今利用されているプロバイダが入っている方はあまり問題ありませんが、入っていない方は「auひかり」の申し込み以外に、プロバイダ変更の処理も必要になります。

auひかりのプロバイダを選ぶときのポイントとは?

auひかりのプロバイダを選ぶときのポイントとは?

選べるとなると逆に「どうやって選んだらいいの?」と質問したくなりますよね。
ここでは、プロバイダを選ぶときのポイントを説明していきます。まずは、各プロバイダの特徴を示しておきます。

プロバイダ名 特徴 キャンペーン オプションサービス
BIGLOBE ・充実の標準セキュリティ

・大切なデータの自動バックアップ

・無料出張サポート

・インターネット月額基本料金=開通月無料

・ブロードバンド接続出張サポート=最大2ヶ月無料

・セキュリティセット・プレミアム=最大2ヶ月無料

・メールアドレス5個無料

・メールボックス5GBまで無料

So-net ・「カスペルスキー マルチプラットホームセキュリティ」が標準装備!

・お客様が所有するSo-netに接続している機器が故障した場合に、お見舞金をお支払い

・設定サポートが無料

・プロバイダ料金=開通月無料

・「カスペルスキー マルチプラットホームセキュリティ」=最大24ヶ月無料

・お客様が所有するSo-netに接続している機器が故障した場合に、お見舞金をお支払い=最大5万円

・設定サポート=無料

・メールアドレス4個無料

・メールボックス容量無制限

・ホームページ容量サービス=10MBまで無料

au one net ・安心トータルサポートでパソコンに関するお悩み、解決

・安心ネットセキュリティで安心ネットライフ

・かけつけ設定サポート

・安心ネットセキュリティ=最大2ヶ月無料

・安心トータルサポート=最大2ヶ月無料

・メールアドレス5個無料

・メールボックス5GBまで無料

・ホームページ容量サービス=10MBまで無料

@nifty ・常時安全セキュリティ24で安心・安全

・ブログもメールも大容量

@niftyまかせて365365日、困ったときはいつでも相談

・プロバイダ料金=開通月無料

@niftyまかせて365=最大3ヶ月無料

・常時安全セキュリティ24=最大3ヶ月無料

・メールボックス5GBまで無料

・ホームページ容量サービス=2GBまで無料

AsahiNet ・マカフィー・セキュリティスィートでセキュリティも安心

・メールアドレス無料取得

・顧客満足度No.1

・プロバイダ料金=開通月無料 ・メールアドレス1個無料

2個目から200円)

・メールボックス容量無制限

・ホームページ容量サービス=100MBまで無料

TCOM ・電気の「見える化」でカンタン節電

・サポートサービス「For you」でしっかりサポート

MyTcomでスケジュールから家計簿まで一元管理

・プロバイダ料金=開通月無料 ・メールアドレス1個無料

・メールボックス容量無制限

・ホームページ容量サービス=20MBまで無料

DTI SiLK Touchでトラブル解決

・メールアドレス無料取得

U+linkであなただけのVPN

・プロバイダ料金=開通月無料 ・メールアドレス1個無料

・メールボックス5GBまで無料

プロバイダの料金・最大接続速度に違いはないので気にする必要なし

「auひかり」では、7つのうちのどのプロバイダを選んでも、月額料金は同じです。
また、インターネットへの最大接続速度も1Gbpsで変わりはありません。
このため、別の視点でプロバイダを選ぶことになります。

サービスで比べる

BIGLOBE、So-net、@niftyのインターネット大手は、提供できるサービスも充実しています。
電話でのサポートだけでなく、出張設定サポートを提供している会社もあり、インターネット接続の設定が得意でない方にも利用してもらえるようになっています。
また、各プロバイダともメールアドレスの払い出し、メールボックス容量などの無料での提供範囲が異なっています。
使用頻度にもよりますが、メールボックス容量は5GBくらいあれば、当分は利用可能だと思います。
ただし、写真、ビデオなどを多く添付する方は、無制限の方が安心かもしれません。

キャンペーンで比べる

基本的に、契約した月はどのプロバイダも無料としています。
それ以外に、サポートサービス、セキュリティソフトの利用を数か月無料とするキャンペーンもみられます。
このあたりは、ご自分のインターネットの利用方法でうれしいと思うか、あまりうれしくないと思うか、感想が分かれるところだと思います。
So-netだけは、つないでいる機器の故障時にお見舞金を支給するという特別のキャンペーンをしています。
このキャンペーンは他社にはみられません。

ネットを家に設置するときのサポート

各プロバイダのキャンペーの中には、「出張サポート」が提供されているものがあります。
具体的にはBIGLOBEです。
「出張サポート」は、「auひかり」の導入工事(光ファイバーを部屋まで引き込む)の後、みなさんのルーター、パソコンなどを接続、設定して、実際にインターネットが使えるようにする作業を代行してくれます。
また使用途中に、何らかの原因(停電、故障など)でインターネット接続が出来なくなった場合に、電話サポート以外に、訪問での復旧作業をしてくれるサービスです。
もちろん基本的に有料なのですが、BIGLOBEでは2ヶ月無料で「出張サポート」がついているので、機器の設定に不安のある方にはうれしいサービスです。

セキュリティサポートがあるかも確認する

最近は、インターネット上でウィルス感染、そして感染による個人情報流出、金銭等の被害発生と危険なニュースが多く見られます。
このような状況を未然に防ぐためにも、セキュリティに関するサポートが重要になっています。
サポートにも種類があり、ウィルスチェックプログラムの提供、プロバイダ側でのチェック、何か起こった時の電話でのサポートなどです。
このようなセキュリティサポートがキャンペーンの中で提供されており、名称は異なりますがBIGLOBE、So-net、au-one-netなどは総合的なサポートを数ヶ月無料という形で提供しています。
なかなか通常は重要性を実感する機会は少ないのですが、保険という意味でも重要なものなので、必要ならそのまま継続することも可能です。

auひかりのプロバイダの独自キャンペーンは必ずチェック

auひかりのプロバイダの独自キャンペーンは必ずチェック

「auひかり」の契約に関してはauのホームページから、と通常は思いますが実は各プロバイダも申し込みのページを設けています。
そして、そこにはプロバイダ独自のキャンペーンが書かれているのです。
そして、キャンペーンはどんどん変わっていくので、こまめにチェックする必要があるのです。

なぜキャンペーンは必ずチェックするのか

現在、以下のようなキャッシュバックが各プロバイダのホームページで掲載されています。
これは「auひかり」のページでプロバイダを選ぶのではなく、プロバイダが提供する「auひかり」に契約する場合に適用されます。(「auひかり」のホームページには出てこない)
ただし、日々キャンペーンも変更になり、条件も異なるので単純にキャッシュバックだけを見て契約しないで、その条件も確認するようにしましょう。
また、今回は新規契約の条件でキャッシュバックなどを記入してありますが、実は乗換え(今は、他のサービスを利用しているが「auひかり」に変更するという意味)の方が、キャッシュバックが多かったり、今のサービスを解約する場合に支払う違約金の補償があったりします。
乗換えをお考えの方は、ぜひ各プロバイダのホームページもチェックしてください。

契約先 契約条件 キャッシュバック 違約金 月額料金
au 3年、1Gbps ホーム 125円割引×23ヶ月

2,875円)

15,000円 4,975円

5,100

3年、1Gbps マンションV 1250円割引×23ヶ月

28,750円)

0円 2,550円円
BIGLOBE 3年、1Gbps ホーム 50,000円 15,000円 5,600円

5,400

3年、1Gbps マンションV 50,000円 7,000円 3,800円
So-net 3年以上、1Gbps ホーム 50,000円 10,000円 5,600円

5,400

2年以上、1Gbps マンションV 30,000円 7,000円 3,800円
au one net 3年以上、1Gbps ホーム 10,000円 15,000円 5,100円

4,900

2年以上、1Gbps マンションV 10,000円 9,500円 3,800円
@nifty 3年以上、1Gbps ホーム 1,930円割引×23ヶ月

44,390円)

15,000円 3,470円

5,400

2年以上、1Gbps マンションV 1,010 円割引×23ヶ月

23,230円)

7,000円 2,790円

3,800

AsahiNet 3年以上、1Gbps ホーム 1,500円割引×35ヶ月

52,500円)

15,000円 3,600円

3,400

2年以上、1Gbps マンション 1,250 円割引×24ヶ月

30,000円)

9,500円 2,550円

auひかりでおすすめのプロバイダベスト3はこれ!

auひかりでおすすめのプロバイダベスト3はこれ!

ここまで説明してきた内容を踏まえて、おすすめのプロバイダを書いておきます。

1位はSo-net

キャッシュバックに加えて、「カスペルスキー マルチプラットホームセキュリティ」というセキュリティサービスが最大24ヶ月無料で利用できます。
ソニー系のSo-netはインターネットの運用経験も豊富な信頼できるプロバイダですね。

2位はBIGLOBE

こちらは、NECから独立したプロバイダです。
何といってもキャッシュバック50,000円は魅力があります。
プロバイダとしても老舗なので、安心感もあります。
出張サポートも、パソコンなどが苦手な人にはうれしいサービスです。

3位はau one net

au one netは、auとついているようにKDDIが運営しています。
つまりau one netとauは同じグループになります。
つまり、家の光固定回線のインターネットとauのスマホを同じグループの会社で契約できます。
その点では安心感はあります。
ただし、au one netはキャッシュバックがあまり大きくなく、それほど大々的なキャンペーンもしていません。
これは、他のプロバイダにも「auひかり」をたくさん売ってほしいので、他のプロバイダへの影響を考慮しているからかもしれません。

まとめ

今回は「auひかり」を契約する場合の注意点、特にプロバイダの選び方に関して説明してきました。
「auひかり」は、光固定回線のインターネットサービスでは、珍しくプロバイダを選択できます。
その分契約するときに考えることが多くなるので、少しでもみなさんの参考になるようにプロバイダの特徴、最後におすすめのプロバイダを書いています。
ぜひ、参考にしていただき、後悔しないサービス選び、プロバイダ選びをしてください。