BIGLOBE WiMAX2+のFlat ツープラスギガ放題を徹底検証!

今回は、もともとNECグループだったインターネットサービスの老舗、BIGLOBEが提供する「BIGLOBE WiMAX2+」の「Flat ツープラス ギガ放題」に関して徹底していきます。

月額料金の特徴やギガ放題にすることでのメリットやデメリット、Flat ツープラスって何?といった疑問を解決していきたいと思います。

また、モバイルルーター使用におけるプロバイダー選びには、使いこなすあなたとの相性があるので、「BIGLOBE WiMAX2+」はどんな方におすすめなのかも解説していきますね!

「BIGLOBE WiMAX2+」とは

「BIGLOBE WiMAX2+」とは

BIGLOBEが提供する「WiMAX2+」のサービスです。
「WiMAX2+」のサービスを提供する会社は、10社以上ありますので、その中の1つになります。

BIGLOBEが提供するWiMAX2+サービス

BIGLOBEはもともとNECがインターネットサービスを提供するために作った会社です。
インターネットサービスの提供には、光固定回線のような有線と「WiMAX2+」のような無線があります。
それぞれによい点、悪い点があり目的によって選ぶことが重要です。

エリアや通信品質は他のプロバイダーと同じ

「WiMAX2+」はUQコミュニケーションズが投資したネットワークを利用してサービスをします。
UQコミュニケーションズはもちろんプロバイダーの1つですが、他にも10社以上がUQコミュニケーションズのネットワークを使用してサービスを提供しています。
ドコモのネットワークを使用してスマホなどのサービスを提供するIIJなど、MVNO(仮想移動通信事業者)と同じです。
このため、そのプロバイダーでも、サービスエリアや通信品質はまったく同じです。
インターネットなどで契約をすると、ルーターと呼ばれる端末とSIMカードが送付されてきます。
SIMカードを挿入して、ちょっとだけ設定すればすぐにインターネット接続は利用できます。
この端末はポケット型も選択でき、外出時に持っていればサービスのエリア内であればどこでもインターネットが利用可能です。
このルーターも各プロバイダーで、ほぼ同じものを使用しています。

BIGLOBE WiMAX2+の料金プラン

「BIGLOBE WiMAX2+」の料金プラン

まず、提供されているプランを見ていきましょう。
プランは、「FLATツープラス ギガ放題」、「FLATツープラス」の2種類となります。

Flat ツープラス ギガ放題とは

「Flat ツープラス ギガ放題」はデータ使用量無制限プランです。
速度規制(ダウンロード時のインターネット接続の速度を制限すること)はありますが、データ使用量には制限がありません。
パソコンやスマホでインターネットをたっぷり楽しみたい方におすすめです。

*速度規制
連続した3日間でデータ使用量が10GBを超えると、翌日の18:00~翌々日の2:00までインターネット接続速度が1Mbpsに制限されます。
スマホなどでは128Kbpsに制限されネット検索すら難しい場合もありますが、1Mbpsあれば、Netflixなどで標準画質であれば映画を見ることも可能です。
速度規制後の速度が速いのもWiMAX2+の「ギガ放題」の特徴になっています。

Flat ツープラスとは

「Flat ツープラス」は、月間データ使用量が7GBして、料金をおさえたプランです。
サイトの閲覧やメールなど、必要最低限の利用という方におすすめです。
7GBを超えると以下の速度規制が適用されます。

*速度規制(7GB)
当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

料金プラン比較表

2つのプランの月額料金を比べてみましょう。
この表では、「月額料金大幅値引き特典」を適用した場合の価格を表示しています。
契約期間は、多くの方が契約する3年としています。
なお、「BIGLOBE WiMAX2+」では、支払方法が、「クレジットカード」と「口座振替」があるので両方とも書いておきます。

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

口座振替

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

口座振替

月額料金

(1ヶ月)

3,345円 3,345円 3,145円 3,145円
月額料金

(2ヶ月)

3,345円 3,345円 3,145円 3,145円
月額料金

(3ヶ月)

4,030円 3,345円 3,830円 3,145円
月額料金

(~24ヶ月)

4,030円 3,345円 3,830円 3,145円
月額料金

(~36ヶ月)

4,380円 3,695円 4,380円 3,695円

口座振替支払では、毎月の口座振替時に手数料200円が発生する。

両方のプランを比較すると「Flat ツープラス ギガ放題」は「Flat ツープラス」に比べて、3ヶ月目以降では700円ほど高くなっています。
月に7GB以下なら「Flat ツープラス」と思いますが、なかなか予想がつきませんね。

7GBってどれくらい使えるの?

プランを選ぶときに、「月に7GB以上のデータを使用するか?」というのが1つの境界かと思います。
でも、7GBでどのくらいの時間、何が出来るのかわかりにくので、ここではもう少し具体的に見てみましょう。
ただし、ダウンロードする内容やビデオなどによってもデータ量が変わりますのであくまでも目安です。

動画視聴

Youtubeのような動画サイトを利用する場合、普通~低画質で2時間ほど観ることができそうです。

音楽ダウンロード

音楽ダウンロードでは、1GBで200曲ほどと考えると、7GBでは1,400曲となります。
ただし、ダウンロードまでのやり取りもあるので、実際はもう少し少なくなります。

ビデオ通話

例えばLINEのビデオ通話では、1時間で300MBが必要のようなので、約23時間のビデオ通話が可能となります。
他のビデオ通話でもそれほど差はないと思いますが、ビデオ通話のソフトにより実際に使用されるデータ量は異なります。

7GBを超えるとどうなる?

先ほど書きましたが、通信速度が128Kbpsとなってしまいます。
これでは、メールの本文(テキスト)くらいは見られると思いますが、画像の多いホームページさらにビデオなどはほとんどアクセス不可能となります。

*速度規制(7GB)
当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

ギガ放題は本当に制限なし?

データ使用量には制限がありませんが、やはり速度規制は存在します。
ただし、制限後でも1Mbps程度の通信速度なので、画質を多少落とせば映画やビデオなどのストリーミングを楽しむことも可能です。

*速度規制
連続した3日間でデータ使用量が10GBを超えると、翌日の18:00~翌々日の2:00までインターネット接続速度が1Mbpsに制限されます。
スマホなどでは128Kbpsに制限されネット検索すら難しい場合もありますが、1Mbpsあれば、Netflixなどで標準画質であれば映画を見ることも可能です。
速度規制後の速度が速いのもWiMAX2+の「ギガ放題」の特徴になっています。

使い方で変わるお得なプラン

どちらのプランを選ぶ? 使い方で変わるお得なプラン

どちらのプランにするか、迷っている方は以下を参考にしてください。

Flat ツープラス ギガ放題でお得になる人

たぶん、ほとんどの方はこちらを選ぶとお得になると思います。
「WiMAX2+」にしようと考える最大の理由は、「高速インターネット」なので映画などを満喫したい、なのでデータ使用量の制限のない、「Flat ツープラス ギガ放題」を選ばないと意味がありません。

Flat ツープラスでお得になる人

毎月のデータ使用量が7GBまでなら、こちらのプランの方が安くなります。
7GBの目安は先ほど書いておいたので、このくらいのデータ使用量で足りる方は、わざわざ「Flat ツープラス ギガ放題」を契約する必要はありません。
7GBに達するまでは、どちらも全く同じ品質なので、高速インターネットを満喫できます。

ストレスなくネットを楽しむなら「Flat ツープラス ギガ放題」がおすすめ!

7GBという制限を超えてしまうかどうかわからない、心配しながら利用するのはいやだ、という方も含め、おススメは「Flat ツープラス ギガ放題」です。

料金プランは途中で変更できる?

料金プランは途中で変更できる?

契約期間の途中であっても料金プランの変更は可能です。
ただし、利用されているプランによって、契約変更前のプランの契約期間を引き継げる場合と引き継げない場合があります。

「Flat ツープラス ギガ放題」と「Flat ツープラス」の間でプラン変更は可能

契約される方が多い「Flat ツープラス ギガ放題」と「Flat ツープラス」の間では、プラン変更は可能で、契約変更前のプランの契約期間を引き継ぐことも可能です。
ただし、2年契約と3年契約を変更するようなプランの見直しでは、契約期間を引き継ぐことはできません。
なお、「auスマホ割」などを付けている場合は、プラン変更に伴って「auスマホ割」も解約することは出来ません。

プランの変更方法

現在は、Webからの申し込みとなります。

プランの変更条件

変更にあたっての条件を整理しておきます。

・毎月の月末 20時30分〜翌日12時00分の間は、プラン変更の手続きをすることは出来ません。
・料金プラン変更の申し込み後のキャンセルはできません。
・プラン変更の申し込み月(プラン変更月)の翌月より、変更後の料金プランが適用されます。
・料金プランの変更に伴う契約解除料は、かかりません。
ただし、一部プランを除き、プラン変更月(変更のお申し込みをした月)の翌月から、新しいプランの契約解除料が設定されます。
契約解除料は契約経過月数に応じて下がりますが、契約経過月数がリセットされます。

契約解除料
1~13ヶ月目 19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円

例えば、14ヶ月目にプラン変更した場合、変更前の契約解除料は14,000円になっていますが、プラン変更後は1ヶ月目の19,000円に戻るという意味です。

キャンペーンでお得に使おう!「BIGLOBE WiMAX2+」

キャンペーンでお得に使おう!「BIGLOBE WiMAX2+」

現在「BIGLOBE WiMAX2+」では、新規申し込みの方向けに期間限定でキャンペーンを展開中です。
「どちらか選べる特典」として、「キャッシュバック特典」と「月額料金最大値引き特典」が提供されています。

対象となる方

このキャンペーンの対象になる方は、次の条件を満たす方です。

・対象期間中にBIGLOBEのページで「BIGLOBE WiMAX 2+」とデータ端末を同時に申し込み、2019年4月30日までに本サービスを開始された方。
・法人の方は特典対象外。
・本人の都合などによりサービス停止となった場合、特典の適用外。

実質料金が安いキャッシュバック特典

サービス開始月の翌月を1ヶ月目として6ヶ月目にキャッシュバックが受け取れます。
キャッシュバック金額は15,000円となっています。
プランと支払方法の組み合わせにより月額料金が変わりますので、以下の表を参考にしてください。

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

口座振替

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

口座振替

端末料金 0円~ 0円~ 0円~ 0円~
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
キャッシュバック 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
月額料金

(1ヶ月)

3,695円 3,695円 3,495円 3,495円
月額料金

(2ヶ月)

3,695円 3,695円 3,495円 3,495円
月額料金

(3ヶ月)

4,380円 3,695円 4,180円 3,495円
月額料金

(~24ヶ月)

4,380円 3,695円 4,180円 3,495円
月額料金

(~36ヶ月)

4,380円 3,695円 4,380円 3,695円
3年合計金額 141,310円 118,020円 136,510円 113,220円
実質月額 3,925円 3,278円 3,792円 3,145円

支払い方法で「キャッシュバック特典」の内容が変わる

「キャッシュバック特典」と言っても、特典はキャッシュバックだけではなく月額料金の割引も含まれています。
実は、この月額料金の割引は支払方法によって異なります。
クレジットカードで支払うよりも口座振替の方が、24ヶ月間200円が追加で割引になります。
ただし、口座振替時に手数料として200円が徴収されるので結果的には同じ金額となります。

「キャッシュバック特典」内容詳細

特典内容を再度確認しておきます。

・キャッシュバック適用月(サービス開始月翌月を1ヶ月目として6ヶ月目まで)「BIGLOBE WiMAX2+」を継続利用した方は、15,000円のキャッシュバックを受け取れます。
その間にBIGLOBEを退会、サービス停止があった場合、特典対象外になります。
・毎月の月額料金に割引価格を適用
・初回更新月の翌月以降(37ヶ月目以降)、長期利用割引につき500円/月値引き

確実に安くなる大幅値引き特典

こちらは、月々の料金は割り引くキャンペーンです。
例えば、「FLATツープラス ギガ放題(3年)」では、最初の2ヶ月間は2,335円と大幅な割引となります。
プランと支払方法の組み合わせにより月額料金が変わりますので、以下の表を参考にしてください。

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

クレジットカード

BIGLOBE

FLATツープラス ギガ放題

(3年)

口座振替

BIGLOBE

FLATツープラス (3年)

口座振替

端末料金 0円~ 0円~ 0円~ 0円~
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
キャッシュバック 0円 0円 0円 0円
月額料金

(1ヶ月)

3,345円 3,345円 3,145円 3,145円
月額料金

(2ヶ月)

3,345円 3,345円 3,145円 3,145円
月額料金

(3ヶ月)

4,030円 3,345円 3,830円 3,145円
月額料金

(~24ヶ月)

4,030円 3,345円 3,830円 3,145円
月額料金

(~36ヶ月)

4,380円 3,695円 4,380円 3,695円
3年合計金額 147,910円 124,620円 143,110円 119,820円
実質月額 4,109円 3,462円 3,975円 3,328円

毎月確実にお得になる「月額料金最大値引き特典」

「キャッシュバック特典」と異なり「月額料金最大値引き特典」では、追加での手続きはありません。
初回契約後ずっと月額料金の割引が継続しますので、手続きを忘れてキャンペーンの特典を受け取れなかった、ということはありません。

支払い方法で「月額料金最大値引き特典」の内容が変わる

「月額料金最大値引き特典」の月額料金の割引は支払方法によって異なります。
クレジットカードで支払うよりも口座振替の方が、24ヶ月間200円が追加で割引になります。
ただし、口座振替時に手数料として200円が徴収されるので結果的には同じ金額となります。

「月額料金最大値引き特典」内容詳細

特典内容を再度確認しておきます。

・毎月の月額料金に割引価格を適用
・初回更新月の翌月以降(37ヶ月目以降)、長期利用割引につき500円/月値引き

キャンペーン受け取りに不安なら確実な大幅値引き特典がお得

「キャッシュバック特典」を受けるためには、6ヶ月後に送られてくるメールに書かれている申請用のサイトで、キャッシュバックを振り込んでもらうための金融口座の情報を登録することが必要です。
この申請期間も45日間の期限が設定されています。
この期間に手続きを完了しないと、「キャッシュバック特典」を受けることができません。
「キャッシュバック特典」の申請に不安がある方は、最初から「月額料金最大値引き特典」を選択しましょう。
実質月額は200円ほど高くはなりますが、15,000円のキャッシュバックを受け取れないよりはお得になります。

BIGLOBE WiMAX2+の他社にないメリット

「BIGLOBE WiMAX2+」の他社にないメリット

ここでは、他社にない「BIGLOBE WiMAX2+」のメリットを中心に見ていきましょう。

口座振替が使える

通常の、「WiMAX2+」のプロバイダーでは、支払は「クレジットカード」のみがほとんどです。
そんな中で、「BIGLOBE WiMAX2+」では「クレジットカード」以外に「口座振替」も利用可能となっています。
また、「口座振替」には毎回振込手数料が発生しますが、その分を月額料金から差し引いてくれるので、実質「クレジットカード」でも「口座振替」でも同じ月額料金で利用することが可能です。

キャンペーンが2種類から選べる

先ほども書きましたが、「BIGLOBE WiMAX2+」では、新規申し込みの方向けに期間限定でキャンペーンを展開中です。
「どちらか選べる特典」として、「キャッシュバック特典」と「月額料金最大値引き特典」が提供されています。
他のプロバイダーでは、「キャッシュバック」キャンペーンのみ、「月額料金値引き」キャンペーンのみというようにいずれかが提供されることが多い状況です。
そんな中「BIGLOBE WiMAX2+」では、利用者がどちらのキャンペーンがいいかを選べるようになっています。
利用者によっては、「キャッシュバック」のための申請手続きを忘れそうだったり、そもそも手続き自体が面倒だったりするので、そんな方にはうれしいですね。

初月無料や長期利用割引などの割引も

料金割引に関しては、他にもあります。
サービス開始月は、無料で利用できます。
また、契約が長期になり37ヶ月目(3年契約を更新)からも、毎月500円の割引が適用されます。

契約前に確認!BIGLOBE WiMAX2+の注意ポイント

契約前に確認!「BIGLOBE WiMAX2+」の注意ポイント

ここまでは、「BIGLOBE WiMAX2+」のよい点を中心に見てきました。
ここでは、「BIGLOBE WiMAX2+」特有の注意点を見ておきましょう。
これを理解して、契約後に後悔しないようにしましょう。

解約のタイミングによっては違約金が発生

プラン変更などではなく、契約期間中に「解約」せざるをえない場合は注意が必要です。
タイミングによって違約金(契約解除料)が発生します。

契約解除料
1~13ヶ月目 19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円

契約期間が長くなれば、違約金(契約解除料)も安くなりますが、無料になることはありません。
途中で「プラン変更」をしている場合は、契約期間と違約金(契約解除料)の契約期間とが異なる場合もありますので注意してください。

データ端末代がかかる場合も

「BIGLOBE WiMAX2+」では、データ端末(ルーター)はすべて有料です。
でも、契約時に請求されたり、月額料金以外に請求されたりすることはありません。
端末料金は800円x24ヶ月払いですが、契約を継続している限りこの800円は割引されており実質の端末料金が無料になる仕組みです。
ただし、契約途中で解約した場合は、端末料金支払いの24ヶ月に満たない分は追加で支払わないといけません。
例えば、14ヶ月目に解約したとするとすでに13ヶ月分は割引済みなので残りの11ヶ月分、8,800円を解約時に支払う必要があります。

口座振替の場合、口座振替手数料が必要

支払に「口座振替」を選ぶと、毎月指定口座から月額料金が振替されますが、この場合「振替手数料」が発生します。
毎回200円が手数料として発生し、これは利用者の負担になっています。
ただ、「BIGLOBE WiMAX2+」では、この200円分を月額料金から割り引くことで、支払方法に「クレジットカード」を選んでも「口座振替」を選んでも同じ料金になるようにしています。

端末はどれを選ぶべき?申込サイトの並び順に騙されるな!

端末はどれを選ぶべき?申込サイトの並び順に騙されるな!

契約する場合には、データ端末(ルーター)を選ぶ必要があります。
データ端末(ルーター)には、外出時にも持っていけるモバイル型のW06、WX05、WX03と部屋に据え置き型のL02があります。
ご自分の利用シーンによってどちらの形式がよいかをお考え下さい。

公式サイトではWX05が、最初に来ているが……

公式サイトでは、WX05が最初に表示される設定になっており、WX03は一覧では出てきますが、最初のページの3機種には選ばれていません。
WX05は、NECプラットフォームズが製造する中では最新機種ですが、HUAWEIの最新機種W06と比較すると、スペック的には多少劣ります。
また、WX03もNECプラットフォームズ製でWX05の二世代前の機種であり、スペックも大幅に劣ります。
BIGLOBEのもとの親会社がNECだったからなのでしょうか?
このような順番に惑わされずに次のスペック一覧をよく見て選んでください。

モバイル型端末スペック比較表

モバイルルーターのスペックは以下のようになっています。

W06 WX05 WX03
メーカー Huawei NEC NEC
最大通信速度 ハイスピード 下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

ハイスピード

プラスエリア

下り最大1.2Gbps

上り最大75Mbps

下り最大440Mbps

上り最大75Mbps

未対応
連続通信時間 ハイスピード HiP 約7時間

NOR 約9時間

ECO 約11時間

HiP 約8.1時間

NOR 約11.5時間

ECO 約14時間

HiP 約7.3時間

NOR 約10時間

ECO 約12.3時間

ハイスピード

プラスエリア

HiP 約5時間

NOR 約6.5時間

ECO 約10時間

HiP 約8時間

NOR 約10.5時間

ECO 約13時間

未対応
連続待受 休止状態 約800時間 約700時間 約1,100時間
ウェイティング 情報なし 約50時間 約45時間
バッテリー容量 3,000mAh 3,200mAh 3,000mAh
ディスプレー 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ
サイズ W128xH64xD11.9 W111xH62xD13.3 W128xH64xD11.9
質量 約125g 約128g 約125g

連続通信時間における記号の意味は以下のようになっています。

ハイパフォーマンス(HiP):
最大558Mbps/440Mbps。通信速度>>>電池持ち
ノーマル(NOR):
最大220Mbps。通信速度≒電池持ち
バッテリーセーブエコ(ECO):
最大110Mbps。電池持ち>>>通信速度

スペック的にW06が圧倒的

W06は2019年1月に発売されたHUAWEIの最新機種で最強スペックです。
前機種のW05はWX05に比べ、バッテリーの持ち時間などが見劣りしていましたが、W06になってほぼ同等になり、さらに通信速度、特に「ハイスピードプラスエリア」モードでは、ついに1.2Gbpsを達成し、光固定回線に匹敵するダウンロード速度になりました。
W03Xは二世代前の製品なので、おススメできません。
スペック的にも「ハイスピードエリアモード」に対応していません。
通信スペックが高くない分、バッテリーの持ち時間は長くなってはいます。

W05X以下は検討の必要ナシ

W05X、W03Xを選んだとしてもデータ端末(ルーター)としての料金は変わりません。
800円x24ヶ月の支払いで、契約期間中は割引となります。
同じ金額なら少しでも高いスペックのデータ端末(ルーター)を選ぶべきです。

W06が断然オススメな理由

通信スペックが最高のW06ですが、それ以外にも発売されたのが2019年1月と3機種の中でも最新です。
このため、そこまでに判明したソフトウェアの不具合の改善、場合によってはハードウェアの改善も施されている可能性もあり、W05XやW03Xを選択する理由がみあたりません。
唯一あるとすれば、バッテリーの持ち時間くらいですが、1日の外出に持参すると仮定しても、「ノーマル」の使い方で6.5時間持ち、かつ途中で充電できる、モバイルバッテリーも併せて持参しているような方なら全く問題になりません。

ホームルータならL02一択

部屋に据え置き型のデータ端末(ルーター)は選択肢がなくL02のみです。
スペックは以下のようになっています。

HOME L02
メーカー Huawei
最大通信速度 ハイスピード 下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

ハイスピード

プラスエリア

下り最大1.2Gbps

上り最大75Mbps

ギガビット対応ポート 2ポート
最大同時接続数 40台

こちらも、2019年1月にW06と一緒に発売された最新製品です。
他に選択肢があったとしてもL02を選んでおけば心配いりません。

まとめ

今回は、数ある「WiMAX2+」のプロバイダーの中でも最近キャンペーンに力を入れている「BIGLOBE WiMAX2+」に関して見てきました。

「Flat ツープラスギガ放題」と「Flat ツープラス」の2種類における料金の違いや通信制限の違いなどお分かりになられたと思います。

BIGLOBE WiMAX2+は口座振替で支払いができる数少ないプロバイダーの1つでもあります。

キャンペーンの内容も解説しておきましたので、後悔しないプロバイダー選びの参考にしてくださいね!