BroadWiMAXの機種変更は無料で出来る?注意点や選べるプランはこれ!

高速無線インターネットの「WiMAX2+」のプロバイダーの中で、実質月額料金が最安値級の「BroadWiMAX」を利用されている方も多いと思います。

今回は、そんな「BroadWiMAX」ユーザの方に、機種変更に関する情報です。ルーターと呼ばれる端末を契約時に(たぶん)無料で提供されていると思います。

「そろそろ新機種がほしいなあ。」、「持ち運ぶので傷みがはげしいなあ。」などいろいろ事情があって、機種変更したいと思っているあなたへ、方法や注意点、そしておすすめの機種まで解説していきたいと思います。

Broad WiMAXでは端末の機種変更はできる?

Broad WiMAXでは端末の機種変更はできる?

結論から言えば、「無料での機種変更は出来ません。」というのが回答です。

でも、これだけならこの解説を書く必要もないので、実はある条件を満たすと無料で機種変更をすることが可能になります。

ここではその条件を確認しておきましょう。

キャンペーンで機種変更が可能!キャンペーン対象の条件は2つ

現在のキャンペーン対象は以下の2つの条件のいずれかを満たす方向けです。


・WiMAX端末を使用している(WiMAX2+ではなく)
・WiMAX2+端末を20ヶ月以上使用している


この条件を満たす方には、郵便やメールでキャンペーンのお知らせが届くようです。
親切ですね、「BroadWiMAX」。

WiMAX端末を利用している

2009年に開始された「WiMAX」サービスですが、2020年3月31日をもって終了することが決まっています。

このため、各プロバイダーでは、「WiMAX2+」へ移行を進めるため「WiMAX」を利用されている人に特別のキャンペーンを用意しています。

キャンペーンには以下の3つが用意されています。


・機種変更代金の20,000円が無料
・現状の月額料金で、「ギガ放題プラン」を最大25ヶ月利用することが可能
・3年契約にすると「LTEオプション」が無料

*LTEオプション
「WiMAX2+」のサービスが受信できにくい場所で効果がある「LTE」経由でインターネット接続する機能です。

WiMAX2+を20ヶ月以上利用している

すでに「WiMAX2+」を契約して、20ヶ月以上利用している方向けです。サービスには満足されているので長く利用されていると思います。

継続して契約すると以下の3つのメリットがあります。特にルーターの機種変更は重要です。

20ヶ月以上同じルーターを使用していると新しい機種も販売され、性能も向上しています。

最新機種に変更することで「WiMAX2+」の最高性能を利用することが可能になります。

また、そろそろバッテリーの持ちも悪くなっていませんか?


・機種変更代金の20,000円が無料
・24ヶ月間、毎月300円割引
・3年契約にすると「LTEオプション」が無料

選べる端末の種類と特徴について

選べる機種は、4種類あります。


・Speed Wi-Fi NEXT WX04(NEC-PF製、下り最大440Mbps)
・Speed Wi-Fi NEXT W05(HUAWEI製、下り最大758Mbps)
・Speed Wi-Fi NEXT WX05(NEC-PF製、下り最大440Mbps)
・Speed Wi-Fi NEXT W06(HUAWEI製、下り最大1.2Gbps)


詳細は、後述するスペック表で確認してください。

なお、W06が最新の機種となります。おすすめの機種も書いています。

機種変更時に選べるプランは?「WiMAX」は継続できる?

機種変更をする場合に、選択できるプランを見てみましょう。

今お持ちの端末が「WiMAX」か「WiMAX2+」かに分けて選べるプランを見てみましょう。

WiMAX端末を持っている場合の選べるプラン

今、「WiMAX」を契約されている方は、すべて「WiMAX2+」のプランに移行することが必要です。「WiMAX」を継続して利用するとは出来ません。

選択できるプランは、「ギガ放題プラン」と「定額プラン」のいずれかです。通常だと「ギガ放題プラン」は4,380円、「定額プラン」は3,695円になります。

「ギガ放題プラン」では、現在の月額料金から685円増額となりますが、キャンペーンを利用すると、最大25ヶ月間この追加金額が無料となります。

つまり、「定額プラン」と同じ月額料金で「ギガ放題プラン」が利用できるようになります。

WiMAX2+端末を持っている場合の選べるプラン

すでに「WiMAX2+」を契約されていて、20ヶ月を過ぎた方の場合も、選択できるプランは「ギガ放題プラン」と「定額プラン」の2種類です。
通常だと「ギガ放題プラン」は4,041円、「定額プラン」は3,356円になります。
ただし、いずれのプランもキャンペーンを利用すると「とくトク割」で毎月300円の割引を24ヶ月間受けることができます。


*ギガ放題プラン
データ使用量無制限プランです。
速度規制(ダウンロード時のインターネット接続の速度を制限すること)はありますが、データ使用量には制限がありません。
パソコンやスマホでインターネットをたっぷり楽しみたい方におすすめです。


*速度規制
連続した3日間でデータ使用量が10GBを超えると、翌日の18:00~翌々日の2:00までインターネット接続速度が1Mbpsに制限されます。

スマホなどでは128Kbpsに制限されネット検索すら難しい場合もありますが、1Mbpsあれば、Netflixなどで標準画質であれば映画を見ることも可能です。

速度規制後の速度が速いのもWiMAX2+の「ギガ放題」の特徴になっています。


*定額プラン
月間データ使用量が7GBして、料金をおさえたプランです。
サイトの閲覧やメールなど、必要最低限の利用という方におすすめです。
7GBを超えると以下の速度規制が適用されます。


*速度規制(7GB)
当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

キャンペーン利用の機種変更なら本当に無料?

キャンペーン利用の機種変更なら本当に無料?

キャンペーンを利用すれば、機種変更による端末料金は無料にすることが可能です。

最新の端末のいずれを選んでも料金は発生しません。

ただし、契約内容を変更するので、事務手数料の3,000円だけはどうしても支払わなければなりません。

これだけはどうしようもありません。

機種変更の流れ

機種変更の流れ

キャンペーンの条件に合って、機種変更を考えている方には具体的な機種変更の方法について説明していきます。

キャンペーンサイトから申込

機種変更の申し込みは、キャンペーンサイトから行うことが必要です。
サイトには、「WiMAX」を契約されていた方用と「WiMAX2+」を契約されていた方用の2種類がありますので、あなたの利用状況に合わせて選択してください。

いずれのサイトでも下の方に「機種変更はこちら」という大きなバナーがありますので、これをクリックしてください。

「機種変更フォーム」が開きますので、端末やプランなどを選択してください。

重要説明事項・約款の確認をした上で、「お客様情報の入力」をクリックして必要な情報を入力してください。

すべての項目を入力して、確認も問題なければ「この内容で送信する」をクリックして機種変更の申し込みは完了となります。

端末が届く

新しい端末は準備が整い次第発送されます。

機種変更の申し込みの混雑状況にもよりますが、1ヶ月以上かかることもあるようなので気長に待ってください。

使用開始

新しい端末が到着したら、古い端末のSIMカードを取り出して新しい端末に差し替えてください。

SIMカードを差し替える場合は、端末の電源を切り、ご自身の静電気をなくした後で作業してください。

またSIMカードは小さい部品なのでかたづけたテーブルの上などで作業した方がいいでしょう。

差し替え後、新しい端末で「WiMAX2+」の通信が出来れば完了です。

新端末発送月の翌月から新料金が適用

新しい端末で通信を開始した月から新しい契約が始まります。

新しい契約では、契約月は無料なので、今まで利用していた旧料金で使用した分のみが請求されます。

このため、新料金となるのは翌月からになるのです。

つまり、旧料金と新料金を合わせて請求されることはありません。

古い端末は自分で処分

BroadWiMAXでは古い端末の回収はしていないので、処分は各自で行うことになります。
廃棄する場合は各自治体の廃棄ルールに従って処分をお願いします。

機種変更の際に気をつけるべきこと

機種変更の際に気をつけるべきこと

機種変更すると、契約は継続ではなく、新規契約となり契約期間も新たに始まります。

つまり2年契約では25ヶ月目の最初の月が新しく端末を受け取った月、3年契約では同じく37ヶ月目の最初の月になります。

契約期間は端末到着日によって変わる

つまり、31日に受け取るのと1日に受け取るのは1日違いでも契約期間では1ヶ月近くの差ができます。

31日に受け取った場合は、翌日は翌月なので、すでに契約2ヶ月目となります。

契約更新月以外の解約は違約金がかかる

契約が新規となるので、契約期間も新たに計算されるため解約時の違約金も新しい契約で算出されます。
つまり


・機種変更後1年以内に解約する場合:19,000円の契約解除料(違約金)
・機種変更後2年以内に解約する場合:14,000円の契約解除料(違約金)


となり、機種変更前に契約していた期間は一切考慮されなくなります。
特にBroadWiMAXは他のプロバイダーに比べても違約金が高いので注意が必要です。

ホームルータタイプは選べない

残念ながら、機種変更できるルーターの中にはホームルームタイプのルーター(L01など)はありません。

このためすべてポケット型のルーターになります。

機種変更とプロバイダーの変更ではどちらがお得?

機種変更とプロバイダーの変更ではどちらがお得?

今までBroadWiMAXを契約してきた方、そして現状にあまり不満はない方にとっては、プロバイダーを変更することは考えていないと思います。

でも、機種変更をしてBroadWiMAXの契約を継続することは、実質の月額料金だけを考えると正しい選択ではない場合もあります。

特に、WiMAX2+を20ヶ月以上利用して、機種変更を考えると以下の表のような結果になります。

なお、「ギガ放題プラン」で比較しています。

BroadWiMAX GMOとくとくBB So-net
端末料金 0円 0円 0円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
キャッシュバック 0円 38,000円 0円
月額料金

(1ヶ月)

3,741円 3,609円 3,380円
月額料金

(2ヶ月)

3,741円 3,609円 3,380円
月額料金

(3ヶ月)

3,741円 4,263円 3,380円
月額料金

(~24ヶ月)

3,741円 4,263円 3,380円
月額料金

(~36ヶ月)

4,041円 4,263円 3,380円
3年合計金額 138,276円 117,160円 124,680円
実質月額 3,841円 3,254円 3,463円
BroadWiMAX側の

違約金(契約解除料)

19,000円

~9,500円

または無料

19,000円

~9,500円

または無料


オプションの料金は?

端末代金(20,000円)、LTEオプション(1,004円)は、BroadWiMAXの機種変更ではいずれも無料です。

でも、他プロバイダーの新規契約でも同じように無料で提供されます。

実質月額料金は?

キャッシュバックなどを含めた実質の月額料金は、「GMOとくとくBB」や「So-net」を新規に契約した方が安くなります。

これは、BroadWiMAXの機種変更後の料金は新規契約ほど安くないことによります。

プロバイダー乗り換えのほうがお得な場合も

BroadWiMAXで契約更新月(違約金が発生しない)である場合は、プロバイダー変更の手間を考えなければ、別のプロバイダーで新規契約をした方が実質月額料金は安くなります。
「プロバイダー変更の手間」とは、



・現プロバイダーの解約処理
・新プロバイダーとの契約
・新規端末の設定
・インターネットサービスプロバイダーの変更手続き



などがあり、慣れないとスムーズに移行できずに、インターネットが利用できない期間が発生したり、必要なメールアドレスが消滅したりすることもありますのでくれぐれもご注意ください。

また、解約時期が契約更新月ではない場合には違約金(契約解除料)が発生しますので違約金を支払っても、実質月額が割安になるかどうかを事前に確認してください。

2019年1月版!今選ぶべき端末はこれだ

2019年1月版!今選ぶべき端末はこれだ

では、最後に現在選択できる端末(ルーター)の機能を見ておきましょう。

Broad WiMAXで選べる端末スペック表

ここでは、選択できる端末を一覧表にしてみました。

W06 W05 WX05 WX04
メーカー Huawei Huawei NEC NEC
最大通信速度 ハイスピード 下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

ハイスピード

プラスエリア

下り最大1.2Gbps

上り最大75Mbps

下り最大758Mbps

上り最大112.5Mbps

下り最大440Mbps

上り最大75Mbps

下り最大440Mbps

上り最大50Mbps

連続通信時間 ハイスピード HiP 約7時間

NOR 約9時間

ECO 約11時間

HiP 約6.5時間

NOR 約9時間

ECO 約10.5時間

HiP 約8.1時間

NOR 約11.5時間

ECO 約14時間

HiP 約8.1時間

NOR 約11.5時間

ECO 約14時間

ハイスピード

プラスエリア

HiP 約5時間

NOR 約6.5時間

ECO 約10時間

HiP 約4.3時間

NOR 約6.5時間

ECO 約9.2時間

HiP 約8時間

NOR 約10.5時間

ECO 約13時間

HiP 約8時間

NOR 約10.5時間

ECO 約13時間

連続待受 休止状態 約800時間 約850時間 約700時間 約700時間
ウェイティング 情報なし 約38時間 約50時間 約50時間

通信速度と性能が圧倒的なW06

通信速度に関しては、最新機種であるW06が最高となります。

特にハイスピードプラスというWiMAX2+とLTEを合わせて通信するモードでは、仕様上ではありますが、下り1.2Gbpsとなっています。

もちろん、常時この速度が得られるわけではなくすべての条件が揃えば、設計上この速度まで動作可能という意味です。

そして、性能が向上したにも関わらず、連続通信時間も伸びており言うことなしです。

一般に、最新機種ではスペックは変わっていなくても、そこまでに発見された問題(バグ)を解決したファームウェアを搭載するので、より安定であったり、同じ通信条件でも実行速度が向上したりすることがあります。

この点でも最新機種を選ぶのはよい選択だと思います。

バッテリーの持ちを優先するなら視野に入れたいWX05

通信速度よりもバッテリーの持ちが最重要という方には、WX05がおすすめです。これは安心の国内ベンダーの製品です。

通信性能は、最新のW06には多少劣りますが、実際に使用する環境では、最高速度での差はそれほど気にならないかもしれません。

WX05とWX04はバッテリーの持ちを考えれば同等ですが、やはり通信速度は遅いよりは早い方がいいのでWX05がおすすめになります。

一度外出すると充電する機会がない方には、バッテリーの持ちが最重要なので、ここにある4機種の中ではW05Xは他の2機種と比べ明らかにバッテリーが持ちます。

まとめ

今回は、BroadWiMAXでの機種変更について見てきました。

無料の機種変更キャンペーンもあるので、タイミングを含めじっくり検討することをおすすめします。

また、単に機種変更するのではなく、手間を考えなければプロバイダーを変更するという選択肢もありますので、ご注意ください。

機種変更による契約更新は、条件や料金があまり宣伝されていませんので、この記事を理解した上で、後悔しない選択をしてください。