イモトのWifiの使い方|申し込みから返却の方法まで解説

海外旅行や海外出張に人気のポケットwifiレンタル「イモトのwifi」ですが、特に選ばれている理由や秘密に迫ってみたい思います。

イッテQなどのテレビ番組で活躍されている、タレントのイモトさんがCMに出演している事でも有名なイモトのwifiですが、海外で携帯電話やパソコンを使うときにwifiを使えるモバイルwifiルーターのレンタル会社として非常に知名度があり、人気です。

海外で使える便利なポケットwifiですが、申し込み方法がわかりにくかったり、返却の方法は成田空港や羽田空港で返せる・・・って聞くけど、そのやり方がよくわからない人が実に多いです。

そこで、今回は「イモトのwifi」の使い方や特徴、申し込み方法から返却に至るまで詳しく解説していきたいと思います。

海外旅行用のポケットWifiレンタルサービス「イモトのWifi」

海外旅行用のポケットWifiレンタルサービスイモトのWifi

「イモトのwifi」は前述に記載している通り、海外への旅行や出張など、短期間だけ海外でwifiを繋ぎたい!という方に向けたレンタル用ポケットwifiのサービス会社です。

海外でのポケットwifiの必要性や需要、レンタルの便利性など探っていきましょう!

日本のポケットWifiは海外では使えない!?

イモトのWifi使う理由。日本のポケットWifiは海外では使えない!?

ポケットWifiはLTE(4G)または一世代前の3Gという移動通信システムの技術を使っています。

移動通信なので、無線を使うのですが、無線には周波数があり、使用する目的により周波数を変えて、混信を避けています。

これは、世界的にも考慮され国により事情が異なるので、同じLTE(4G)という技術でも使用している周波数が異なります。

このため、ある国でLTE(4G)に接続する端末と別の国でLTE(4G)に接続する端末とでは、異なる無線周波数となっており、単に端末を別の国に持っていくだけでは利用できないことになります。

日本で利用しているポケットWifi用の端末(ルーターと呼ばれる)を、アメリカに持って行っても利用できないことが起こりうるわけです。

携帯の海外ローミングと違うの?

日本で契約しているスマホや携帯には、海外ローミングというサービスが提供されています。

もちろんお使いのスマホや携帯が渡航先の国の無線周波数に対応していることが大前提ですが(前述したとおり)、もし対応していれば出発前に日本の契約キャリア(ドコモやソフトバンクなど)と海外ローミングの契約をすれば、渡航先で利用できるようになります。

ただ、ローミングは、あくまでも一旦、日本に接続してそこからインターネットに接続するので、国際電話並み料金となってしまいます。

これでは、ゆっくりSNSを見ている場合じゃないですね。

現地の公共Wifiは利便性やセキュリティが今ひとつ

最近日本でも増えている、無料でWifiが利用できるフリーWifiスポット。

もちろんすべてが危険ではありませんが、中には個人情報を盗み見るような悪意を持ったスポットがあったりします

もちろん、利用は個人の責任なので、リスクを理解して利用される方はいいのですが、「ラッキー、無料だって」と安易に接続して、クレジットカードなどで買い物したりすれば、カード情報が流出しても文句が言えません。

ご自分が宿泊されているホテルなどの場合は、危険度は低いと思いますが、ちょっとでも不安に感じた方は、フリーWifiスポットの利用は避けた方がいいでしょう。

価格と利便性、セキュリティで海外Wifiを比較!

これらの問題を解決する策として海外の渡航先向けにポケットWifiをレンタルすることが注目されています。

ポケット型のルーターをレンタルして、海外で電源を入れれば、Wifiを介してあなたのパソコンやスマホを接続する事が可能になります。

スマホでは、通常のLTE(4G)での接続は使用しないので、ローミングなどでビックリするような請求にはなりません。

また、このルーターに接続するためのWifi用パスワードはあなたしか知りませんので、他の人が接続して情報を盗むようなことはありませから、安心して使用できるといえます。



<イモトのWi-Fi>公式サイトはこちら

イモトのWifiが選ばれている理由

選ばれるポイントはここ!イモトのWifiはここがすごい

海外の渡航先向けにポケットWifiをレンタルしている会社の中で、人気NO1なのが「イモトのwifi」です。

イモトのwifiが選ばれている理由や、どんなサービス内容なのか詳しく見ていきましょう。

様々な国に対応

イモトのWifi使は様々な国に対応

全世界、170か国以上に対応しています。

日本人が渡航する国はほぼカバーされているので、レンタルできないという不安はほぼありません。

安心定額で安い

料金は、渡航する国により異なりますが、基本的に日割り定額料金(データ使用量の上限も決まっている)です。

これを必要な日数分だけ購入することになります。

利用料金は出発日から帰国までの日数で計算します。

ルーターのレンタル料金は無料なので、旅行中の分だけの請求になっています。

一部30日一括のプランもあり、長期滞在の方にはこちらの方が適する場合もあります。

現地回線だからつながる・速い

現地の大手キャリアに接続できるルーターを貸し出してくれるので、接続などの不安はありません。

また、大手キャリアなので、インターネットに接続する速度も比較的高速になります。

大容量で安心

「大容量」、「ギガ」、「30日」のプランが用意されています。

「ギガ」では、毎日1GBまでデータ使用が可能となっているので、Netflixなどで映画をたくさん見ない限りは十分だと思います。

せっかくの海外旅行なので、街に出かけて美味しいものを食べる方がほとんどですよね。

その場合には、レストラン検索、予約、マップ検索などが必須。

これなら1GB/日あれば快適に過ごせます。

バッテリも長持ち

イモトのWifi使はバッテリも長持ち

レンタルするルーターは国ごとに違い、バッテリの持ちも多少不安がありますよね。

もちろん頻繁に充電できれば問題ありませんが、知らない海外の場合は、行ってみないとわかりません。

そんな時は、ルーター以外にモバイルバッテリのレンタルも用意されています。

そしてモバイルバッテリだけでも「大容量」、「普通」、「軽量」とラインアップされており、あなたの用途に応じて、最適なものをレンタルできるようになっています。

必要な機器は全部パック済み!

レンタルパックを受け取ると必要な機器は全部入っています。

Wifiルーター(申し込んだ国に対応したもの)
充電アダプター(100~250V対応)
マルチプラグ(世界中のコンセントに対応)

あとは、現地についてルーターの電源を入れインターネットに接続されたら、自分のスマホやパソコンをルーターにWifi経由で接続すれば終了。

これであなたのスマホやパソコンからインターネットに接続できます。

セキュリティも安心

イモトのWifi使はセキュリティも安心

あなた専用のポケットWifiなので、接続できるのはパスワード知っている自分だけです。

他の人は接続することが出来ません。

また使用していないときは電源を切っておけば、これ以上のセキュリティはありません。

サポートが充実

イモトのWifi使はサポートが充実

日本国内ではサポート専用のフリーダイヤルが設定されています。

海外からはフリーダイヤルにはかからないことがあるので、通常の03の番号もあり問い合わせが可能となっています。

もちろん国際電話料金がかかってしまいますが、緊急時には安心です。

サポート窓口は、平日は9:00~20:00、土日祝は10:00~19:00まで対応してくれます。

カウンターがイモトさんのポスターでわかりやすい

空港受取などの場合、場所がわかりにくい事もありますが、「イモトアヤコさんのポスター」が掲載されて目立つので、見逃すことは少ないと思います。

出発時間が迫っているような場合には特に助かります。
ポケットwifiレンタル おすすめ9選の記事はこちら

イモトのWifiをお得に使うポイント

賢く使おう!イモトのWifiをお得に使うポイント

だんだん、「イモトのWifi」が気になってきたと思いますが、さらに賢い使い方をご紹介しましょう。

これで一段と節約できると思います。

複数人でシェアする

友達や仲間と海外旅行すること・・・ありますよね。

親しければ親しいほど、一緒に行動しますし、そんな時は各自がポケットWifiを契約する必要はありません。

ポケットWifiのルーターは通常スマホやパソコン5台くらいは、同時に接続することが可能です。

つまり、1つのルーターがあれば、友達みんなでインターネットに接続することが可能です。

ただし、Wifiは周囲5メートル程度しか受信できないので、ホテルでも同じ部屋でないと一緒に使うことは難しいです。

でも、インターネットを使っている時間は起きている時間なので、寝る時間だけ自分の部屋に戻れば、あまり不便もないと思います。

これなら、一緒に利用する友達分が一気に節約できます。

空港受取・返却で無駄な費用をカット

イモトのWifi使は空港受取・返却で無駄な費用をカット

ルーターの受取・返却は、空港カウンターと宅配の指定が可能ですが、おすすめは空港カウンターです。

出国前に空港カウンターによって受取、帰国後に返却ボックスに返すだけ、とっても簡単です。

空港カウンターは、成田、羽田、新千歳、中部、関西(ロッカー受取)、福岡に設置されているので、海外に出かける方にとっては便利です。

宅配も可能ですが、返却時の送料は自己負担となります。

また、受取時の日時を指定すると追加料金で450円がかかります。

追加費用を避けるために空港カウンターの利用がおすすめです。

会員登録で特典を受け取る

マイページ会員に登録すると次回以降の予約時に入力すべき情報が大幅に減らせます。

そして以下のような特典が受けられます。

ステージ 申込回数 特典
エコノミークラス 0回 あんしんパックフルがグレードアップ

(あんしんパックプレミアム)

プレミアムエコノミークラス 1回 あんしんパックフルがグレードアップ

(あんしんパックプレミアム)

エネループ1台無料

ビジネスクラス 2~4 あんしんパックフルがグレードアップ

(あんしんパックプレミアム)

エネループ1台無料

受渡し手数料無料

ファーストクラス 5回以上 あんしんパックフルがグレードアップ

(あんしんパックプレミアム)

エネループ1台無料

受渡し手数料無料

総額から500円引き

「あんしんパック」というのは、ルーターの盗難や紛失時に端末料金の支払いを補償してくれるサービスです。

グレードにより補償範囲が異なります。

「イモトのwifi」最新のキャンペーン情報はこちらの記事

事前チェックでトラブル回避!イモトのWifiの注意点

事前チェックでトラブル回避!イモトのWifiの注意点

ここまで「イモトのWifi」のメリットを中心に見てきましたが、注意しておいた方がよい点もありますので、ここで確認しておいてください。

国内での受取・返却が必要

イモトのWifi使は国内での受取・返却が必要

「イモトのWifi」では、現状では渡航先の国の空港カウンターでルーターを受け取る指定はできません。

あくまでも国内にいるうちに契約をして受け取りをしないと、サービスの利用が出来ません。

スマホのデータローミングオフを忘れないで

これは、「イモトのWifi」に限りませんが、せっかくポケットWifiを契約して持参したのに、スマホがローミングで日本に接続されてしまうと高額の料金(国をまたぐ接続のため)を請求されてしまいます。

ローミングされないようにするには、ローミング契約をしないことが一番わかりやすいですが、いざという時のために契約は残しておきたい方は、スマホの通信設定をLTE(4G)ではなく、Wifiのみにしておけば自動でローミングされることはありません

Wifi通信はルーターに接続するためにもONにしておく必要があります。

データ容量は無制限じゃない

残念ながら、契約中のデータ使用量は無制限ではありません

「大容量」:500MB/日
「ギガ」:1GB/日

の制限があります。

日本で利用しているプランからすると少ないと感じると思いますがNetflixなどで映画をたくさん見ない限りは十分だと思います。

せっかくの海外旅行なので、街に出かけて美味しいものを食べる方がほとんどですよね。

その場合には、レストラン検索、予約、マップ検索などが必須。

これなら1GB/日あれば快適に過ごせます。

ただし、友達で共有する場合は、みなさんの使用量の合計になりますのでご注意ください。

契約した国以外ではルーターの電源を入れない

契約した国以外では、ルーターの電源は入れないでください。

トランジット(途中で別の国で飛行機を乗り換える場合)で時間待ちの間、レンタカーでちょっとだけ通過した国などで電源を入れるとローミング接続され思わぬ料金を請求される可能性もあります。

契約内容以外の余計なことはやめておきましょう。

使うにはルーターの携帯と充電が必要

利用には、あなたのスマホやパソコンだけではなく、レンタルしたポケットWifi(ルーター)を常に持っていることが必要です。

あなたのスマホやパソコンはこのルーターを経由してインターネットに接続されます。

また、このルーターに接続するには、ルーターから半径5メートル程度にいることが必要なので、ルーターをホテルに置いて街中で接続というわけにはいきません。

外出するときは、いつもルーターとスマホはセットで持ってください

言うまでもありませんが、ルーターを持っていてもバッテリが残り少なければ落ち着いてインターネット接続できません。

知らない街中で充電できる場所を探すのはかなりたいへんです。

うっかり変な場所で充電して罪になったりしても困りますよね。

外出前にはバッテリの充電も忘れずに

それでも心配な方は、モバイルバッテリという携帯型の充電器もレンタルできますので検討してください。

渡航先で使えるアプリをチェックしておく

これも、「イモトのWifi」に限りませんが、中国に行かれる方は、使用できるアプリのチェックが必要です。

「世界で普通に使われているサービスは規制されていないよね」と思った方、そんなことはありません。

規制は中国国家として問題とみなしたサイトすべてに適用されています。

具体的には、Google各種サービス、YouTube、Dropbox、Line、Facebook、Instagram、Twitter、なども対象です。

世界で人気のあるSNSや動画サイトなどはほぼ利用できません。

これ以外にも、一部のブログ、一部企業のホームページ、宗教法人なども規制の対象です。

wifiレンタルドットコムに関する記事はこちら

イモトのWifiの申込みから返却までの流れ

機械が苦手でも大丈夫!イモトのWifiの申込みから返却までの流れ

「イモトのWifi」の説明をここまで読んで、だいぶ理解されてきたと思います。

「さあ、申し込もう!」と思われた方のために、申し込み方法を書いておきます。

すでに、Webでいろいろなサービスに申し込まれている方には説明不要かもしれませんので、そんな方は申し込みサイトにGO!

公式サイトから申し込み




<イモトのWi-Fi>公式サイトはこちら


「イモトのWifi」のトップページから、「今すぐお申込み!」をクリック。

1)カレンダーで期間を選ぶ

カレンダーで出発日と帰国日の2つをクリック

2)渡航する国数を選ぶ

「1カ国のみ」「2カ国以上」から選択。

これはルーターを利用したい国の数で、トランジットなどで立ち寄り、特にルーターを使用しないのであれば国数に入れません。

3)利用国・地域を選ぶ

「人気の渡航先から選ぶ」では、いきなり国を指定することが出来ます。

ここにない国は、「すべての国一覧から選ぶ」に進んで、「地域」と「国名」を指定してください。

1)、2)、3)が完了すると、プランの詳細を選べる画面となります。

「機器タイプ」、「WiFiの通信速度」、「WiFiの通信容量」、「WiFiのレンタル台数」、「オプションを選ぶ」からあなたの利用の仕方に合うプランを選んでください。

必須項目が選択されると右下に見積もり金額が表示されるので、確認してください。

予算オーバーなどの場合は、プランの変更やオプションの変更も可能です。

4)受け取り方法を選ぶ

「空港で受取」、「宅配で受取」、「東京本社で受取」から選択できます。

「空港で受取」の場合は、「受取空港カウンター」と「フライト予定時刻」を入れます。

この場合は、受取手数料として500円がかかります。

「宅配で受取」の場合は、「お届け先の郵便番号」「お届け先の都道府県」「お届け日」「お届け時間帯」を指定します。

この場合は、受取手数料として500円がかかります。

また「お届け日」に関しては、2日間以内に到着希望の場合には追加料金が発生します。

「東京本社で受取」の場合は、エクスコムグローバル株式会社(東京本社)を出発前日に訪問する必要があります。

また、平日・土日祝11:00~18:00の間から、来社する時間を選びます。

この場合は、受取手数料は発生しません。

5)返却方法を選ぶ

「空港で返却」、「宅配で返却」、「東京本社で返却」から選択できます。

「空港で返却」の場合は、「返却空港カウンター」を選びます。

24時間OKの返却BOX設置カウンターなら、帰国時に返却BOXにレンタルセットを入れるだけです。

返却のための手数料はありません。

「宅配で返却」の場合は、帰国後にエクスコムグローバル株式会社(東京本社)宛に返送することになります。

返送のための料金は利用者の負担になります。

「東京本社で返却」の場合は、エクスコムグローバル株式会社(東京本社)を訪問して返却します。

返却は、来社時間の予約はありません。

6)支払方法を選ぶ

「クレジットカード」「コンビニ後払い」が選べます。

「クレジットカード」の場合は、VISA、Master、AMEXなどが利用可能です。

「コンビニ後払い」とは、「イモトのWi-Fi」を利用して帰国後に「コンビニ」「郵便局」「銀行」で支払いができるサービスです。

請求書は、返却後に郵送され、発行から14日以内に支払いが必要です。

この場合は、手数料として200円がかかります。

最後に、「イモトのポケットWifi」のポイントをおさらいしておきましょう。

受取方法は3種類

ルーターの受取方法は、「空港で受取」、「宅配で受取」、「東京本社で受取」から選択できます。

「東京本社で受取」なら、手数料が無料なので、東京在住で時間のある方にはいいかもしれません。

ただし、電車賃を考えるとあまりおすすめはしません。

「空港で受取」は、手数料が500円かかりますが、荷物にもならずかつ忘れにくいのでおすすめです。

ほぼ、どの空港でもカウンターがあります。

「宅配で受取」は、特別の方用です。

海外旅行ならほぼ飛行機だと思いますので空港の方が便利です。

空港に行かない方、どうしても家で受け取りたい方くらいしかおすすめできません。

手数料の500円がかかります。

また、出発が迫っていると追加料金もかかります。

返却は空港で出来る!クレカ決済なら返却ボックスも使える

返却方法も3種類あり、「空港で返却」、「宅配で返却」、「東京本社で返却」から選択できます。

成田空港や羽田空港、関西空港など、主要都市の空港で返却が可能ですが、地方空港だと確認が必要です。

特におすすめなのは、「空港で返却」かつ返却BOXの利用です。

クレカ決算なら待ち時間なし、ただ投函するだけで終了です。

「宅配で返却」は、返送料は自己負担なので絶対に避けてください。

これも空港以外で帰国するようなかなり特別の方のためだと思います。

まとめ

海外旅行、海外出張の強い味方、ポケットWifiを提供する中でも知名度抜群、多くの方が利用する「イモトのポケットWifi」に関して説明してきました。

予約の仕方も解説していますので、初めてでよくわからないと思われた方は参考にしてください。

その場で、費用もはっきりわかりますので後から予算オーバーになる心配もありません。

次の海外旅行には、友達とも相談して1つのルーターを共有すれば賢く節約も可能です。




<イモトのWi-Fi>公式サイトはこちら