ポケットwifiをレンタルして海外旅行!おすすめ会社と注意すべきポイント

これから、海外旅行を計画しているあなたに、海外ではどうやってインターネットに接続したらいいかを解説していきます。

ポケットWifiをレンタルすれば、どこの国に旅行しても、あなたのいつものスマホがインターネットにつながります。

海外旅行自体はそんなに長い期間の旅でもないですし、レンタルで十分賄えますし、SNSもばっちりフォローできます。

いまや、インターネットは生活のインフラの1つであり、海外旅行先でおろおろしないように前もって勉強しておきましょう。

 

海外旅行にポケットWifiが必要な理由

海外旅行にポケットWifiが必要な理由

海外旅行中でもインターネットに簡単に接続できることは必須です。

これを実現するにはポケットWifiがおすすめです。

 

スマホを海外で利用すると料金が高い

もちろん、今あなたがお使いのスマホを海外で利用することも可能です。
ローミングという契約(外国にいても、あなたの通信は日本の契約した携帯会社に接続される)をすれば、ちゃんと利用できます。
ただ、ローミングは、あくまでもいったん日本に接続してそこから、インターネットに接続するので、国際電話並みの料金となってしまいます。
これでは、ゆっくりSNSを見ている場合じゃないですね。
中には、あまり意識せずに日本と同じように使用する方もいらっしゃいますが、帰国後にびっくりして何も言えない状況にならないように、気をつけましょう。

 

フリーWifiスポットは危険

最近日本でも増えている、無料でWifiが利用できるフリーWifiスポット。
もちろんすべてが危険ではありませんが、中には個人情報を盗み見るような悪意を持ったスポットがあったりします。

もちろん、利用は個人の責任なので、リスクを理解して利用される方はいいのですが、「ラッキー、無料だって」と安易に接続して、クレジットカードなどで買い物したりすれば、カード情報が流出しても文句が言えません。
ご自分が宿泊されているホテルなどの場合は、危険度は低いと思いますが、ちょっとでも不安に感じた方は、フリーWifiスポットの利用は避けた方がいいでしょう。

 

ポケットWifiとは?

ポケットWifiというのは、ルーターという端末を介してインターネットに接続するサービスです。
ルーターはインターネットに接続、あなたのスマホなどをWifi経由でルーターに接続。
これで、あなたのスマホはインターネットが利用できます。

ルーターという端末を1つ余計に持参しないといけないのですが、その分あなたのスマホやタブレット、パソコンには、Wifi接続の設定をするだけで、他の変更は不要。
いつもと同じように、続けてSNSなども利用できます。
このルーターが、訪問する国に対応していればよいので、複数の国を訪問される場合でも、複数の国に対応するルーターまたは国ごとのルーターさえあれば、同じようにインターネットに接続することも可能です。
簡単ですね。

 

観光情報を入手できる

では、どんなことにインターネットを利用するのか考えてみましょう。
知らない国ですが、きっと見どころもたくさんあります。
まずは、近くの観光情報を入手しましょう。
日本語のサイトもあれば、現地の言葉のサイトもあります。
現地の言葉がわからなくても最近は、インターネット上で日本語に翻訳してから教えてくれるので安心です。

 

地図を入手できる

行きたいところ、見たいところ、食べたいものが見つかったら、行き方を検索。
地図をみながらなら、迷子にならずに行けますよね。
レンタカーを借りた場合は、カーナビの代わりにもなります。
今まででは、考えられないくらい、インターネットは海外旅行を便利に楽しくしてくれます。

 

海外でも使える国内ポケットWifiの特徴と料金プラン

海外でも使える国内ポケットWifiの特徴と料金プラン

国内で契約できるポケットWifiは海外でも利用できるものがあります。
ここでは、そのいくつかをご説明しましょう。

 

docomoの場合

docomoはポケットWifiのサービスを提供しています。
国内で契約しているポケットWifiにオプションを追加することで海外でも使用することが可能になります。

1)ワールドウィング(海外で使用するオプションの追加)を契約
2)海外で利用できる機種かどうかの確認
3)海外でのインターネットのデータ使用量に応じた料金を契約。

980円/日で国内において契約中のデータ量まで利用、または2,980円/日でデータ量無制限。
もちろん利用は可能なのですが、現在使用している端末を使うので、渡航先で同じ端末が使えるかどうか調べる必要があり、使用不可能場合はそのまま契約できません。
またデータ使用量の契約金額もかなり高いです。

 

Y!mobileの場合

ソフトバンク系のY!mobileは、国内でもポケットWifiのサービスを提供しています。
この中に、1つの端末(ルーター)で世界100か国以上において利用可能となる「Pocket Wifi 海外定額」というサービスを提供しています。
国内のポケットWifiの契約が3,980円/月です。
これで、当月のデータ使用量7GBまでは速度規制なし、これを超えるとインターネット接続が128Kbpsとなります。

これに加え、海外で利用する場合は、90円/日が追加されます。
そして、当月のデータ使用量7GBが利用可能となります。(国内分の7GBとは別)
ただし、7GBを超えると国内と同じように速度規制が適用となり、インターネット接続が128Kbpsになります。

 

WiMAX2+の場合

いきなり結論から言えば、「利用できません」となります。
WiMAX2+というのは、WiMAXの後継で最新のバージョンです。
ここでWiMAXとWiMAX2+の差を簡単に説明しておきます。
WiMAXはダウロード速度40Mbpsという無線インターネットサービスで、2009年にUQコミュニケーションズが開始しました。
無線の2.5GHz帯を利用したサービスです。
その後2013年にダウロード速度110Mbps(WiMAXの約3倍)で、WiMAX2+のサービスが開始されています。
さらに技術革新があって、今ではWiMAX2+のダウンロード速度は708Mbps(WiMAXの約17倍)になっています。
実は、WiMAXは海外でも一部の国で採用されているのですが、WiMAX2+に関しては商用サービスをしているのは、日本のみになっています。
日本しかサービスしていないので、海外で利用することは無理なのです。

 

海外でポケットWifiを使うならレンタルがおすすめ

海外でポケットWifiを使うならレンタルがおすすめ

ここまでは、日本での契約を延長して海外でも利用するようなサービスを見てきましたが、そもそも海外に行かれる多くの方は、そう頻繁に旅行されわけではないですよね。
その度に、海外での利用契約を付けたり、解約したり、はとても面倒ですよね。
さらに、国内のポケットWifiの契約自体がかなり高額になっています。
実は、海外で使用するポケットWifiにはレンタルというサービスがあって、必要な時に、必要な場所向けに、必要な期間だけ契約することが可能です。

 

料金が安い

日割りなので、必要な期間だけ契約できます。
例えば、ハワイ5日間、1.1GB/日で、1日当たり420円というサービスもインターネット上に提示されています。
もちろん時期や期間、場所などで価格もいろいろ変わりますが、docomoでの月単位の契約を見れば、大幅に安くなります。

 

日本でレンタル手続きができる

利用するのはもちろん海外ですが、レンタルの手続きは日本で完了することができます。
ほとんどのレンタル会社はインターネット上で契約できるので、必要な項目を入れたら、あとは指定した日に指定した場所にルーターが送付されてくるのを待つだけです。
事前に自宅で受け取ってもいいですし、離陸前に成田空港や関西空港などで受け取ることも可能です。
さらに一部の会社は、海外の到着空港(ホノルル、バンコックなど)での受取にも対応しています。
日本語で、申し込んで日本で受け取り、返却も帰国後空港で返せるので、言葉の心配はいりません。

 

手続きの方法は?

このサービスでは、ポケット型のルーターをレンタルして、海外で電源オン。
このルーターにWifiを介してあなたのパソコンやスマホを接続することになります。
スマホでは、通常のLTEでの接続は使用しないので、ローミングなどでビックリするような請求にはなりません。
通常は、次のような手順です。

Step1:Webで申し込み

Step2:国内空港または宅配で受け取り。一部地域では現地も可能。

Step3:サービス利用

Step4:国内空港または宅配で返却

難しいことはありません。
契約できる期間や料金は、レンタル会社で差がありますので、ご自分の予定や希望にあったレンタル会社を探してみてください。
よくわからない方のためにいくつかご紹介しておきます。

 

海外向けポケットWi-fiのおすすめのレンタル会社

海外向けポケットWi-fiのおすすめのレンタル会社

いくつかポケットWifiのレンタル会社をご紹介します。

 

イモトのWi-Fi

世界200か国以上に対応。知名度は高く、キャンペーンもいろいろあります。
地域によって端末も価格もことなります。
通常利用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

 

グローバルWi-Fi

1台の端末で世界200か国以上に対応。いろいろな国に出張される時でも、面倒なルーターの交換は不要です。
現地に到着したら、電源オン。しばらくすればその国のネットワークに自動で接続されます。
最近始まったサービスなので、料金はまだ高めです。
通常使用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

 

Wi-Ho!

世界200か国以上に対応。最近、積極的にキャンペーン展開中。ビックリする価格も。
地域によって端末も価格もことなります。
通常使用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

 

ご自分でじっくり選びたい方には

価格.com モバイルデータ通信

このサイトでは、渡航先、利用日数などを入力すると、数多いレンタル会社の中からおすすめの会社を探し出してくれます。
いくつか候補を出してくれますので、気になるレンタル会社のホームページでより詳細を確認するのが効率的です。
実は、このページで契約すると特別キャンペーン価格で契約出来たりもします。

 

海外向けのポケットWifiをレンタルする際に気をつける事とは?

海外向けのポケットWifiをレンタルする際に気をつける事とは

最後に、ポケットWifiをレンタルするときに、注意した方がよいことをご説明しておきます。

 

無制限プランはない

基本的に、データ使用量無制限のプランはありません

5GB、10GBなど、データ量を購入して、指定された期間使用することになります。
日本で、データ使用量無制限に慣れている方は、使い方に気をつけないとすぐにデータを使い切ってしまうこともあります。

 

空港受け取りできるか確認する

これは、各自のご都合次第ですが、面倒が少ないのは空港受け取りとなります。
空港受け取りも日本出国直前の空港と現地到着直後の空港の2つあります。
言葉の不安がある場合は、成田空港や関西空港などで受け取ってから出国した方が安心です。
荷物を減らしたい方は現地の空港の方が、ちょっと便利ですね。
また、受け取りと合わせて返却方法もご確認ください。
通常は帰国後の空港ですが、現地で受け取った場合は、現地を離れる前に返却していただくことになります。
どうしても、空港は難しいまたは事前に入手しておきたい方には宅配便で指定の住所に送付してくれるサービスもありますので、契約時に相談してみてください。

 

通信速度を確認する

接続速度が気になる方は、事前に相談しましょう。
ただし、回答してもらえるのは理論上の速度でこれを保証してもらえれるわけではありません。
あくまでも現地での周囲の状況によります。
回答された接続速度は参考程度と理解してください。

 

その他のオプションも確認する

補償制度:

レンタルした端末を紛失したり、破壊したような場合には、弁償金の支払いが必要となります。
これを支払ってくれるいわば保険です。
せっかく安い料金でレンタルしたので高額な弁償金を支払いたくない方は、付加されるといいかもしれません。

モバイルバッテリ:

ルーターなどのレンタル端末には、バッテリが内蔵されており、充電器もついているので電源さえあれば特に不便はありません。
でも、海外旅行でショッピングの途中でバッテリ切れ、運転中にナビを使っている途中でバッテリ切れ、となったら泣いている場合ではありません。
そんなことにならないように、追加のバッテリをレンタルするオプションです。心配な方にはうれしいサービスです。

サポートデスク:

やっぱりわかりにくい時は、電話で教えてほしいですよね。
サポートデスクのレベルは会社によっていろいろです。
サポートしてくれる時間も含めてチェックしておきましょう。

 

まとめ

楽しみな海外旅行に、ポケットWifiをレンタルしていくと、インターネットに接続でき、さらに楽しみを広げていくことが可能です。

レンタル会社もずいぶん増えて、いろいろなサービスやキャンペーン価格などもあるのでこまめにチェックするとうれしいサービスが見つかるかもしれません。

ただし、人気のある機種は在庫が限られており、年末年始、ゴールデンウィークなどみんなが出かける時期は、早めに予約しておいた方がいいでしょう。