WiFiレンタルどっとこむ海外でも1日単位で借りれる|返却や申込方法も紹介

最近は、インターネットも生活の一部、どこに行くにも手放せません。
スマホでそのままインターネット、もいいのですが、データプランは結構高めですね。
そんな時に「ポケットWiFiルーター」の利用がかなりおすすめ。
「ポケットWiFiルーター」自体の価格も安くなっているのですが、1日単位でレンタルできるサービスがあります。
今や海外旅行のためではなく、国内にいても、割安で手軽にサービスを利用できます。
そんな、「ポケットWiFiルーター」レンタルの「WiFiレンタルどっとこむ」が提供するサービスを見ていきましょう。
今回は、日本国内で利用する場合を中心に解説していますので、海外旅行用に「ポケットWiFiルーター」を利用する予定の方は、別の記事も参考にしてください。

 

『WiFiレンタルどっとこむ』とは?

『WiFiレンタルどっとこむ』とは?

「WiFiレンタルどっとこむ」では、最低1日からポケットWiFiルーターをレンタルして、サービスを利用することが出来ます。

 

ポケットWiFiルーターとは?

ポケットに入るくらいのルーターと呼ばれる通信用の端末を使ってインターネットに接続します。
実際にインターネットに接続して使用したいスマホ、タブレット、パソコンなどは、このルーターとWifi(これも無線技術の1つ)で接続します。
特に工事は不要なので、申し込み後にルーターを入手して、ちょっとだけ設定をすればすぐにインターネットに接続できます。
また、ポケットに入るくらい小さいので外出時にも利用できます。
「LTEを利用したポケットWifiサービス」と「WiMAX2+を利用したポケットWifiサービス」があり、「WiFiレンタルどっとこむ」では、いずれのサービスの「ポケットWiFiルーター」もレンタル可能です。
「LTEを利用したポケットWifiサービス」は、もともと携帯電話の通信技術として、第二世代、第三世代(3Gと呼ばれた)と進化して、今はLTE(4G)が主流の第四世代無線移動通信システムを利用してインターネット接続を提供するサービスです。
ドコモやソフトバンク、Y!mobileなどで提供されています。
「WiMAX2+を利用したポケットWifiサービス」は、UQコミュニケーションズが構築したWiMAX2+という無線技術を利用してインターネット接続を提供するサービスです。
こちらはUQコミュニケーションズをはじめGMOとくとくBBなどがサービスを提供しています。

 

期間縛りのないレンタルサービスは短期間で使いたいときに便利

通常「ポケットWifiサービスは」2年または3年の契約(いわゆる縛り)となっており、期間内に解約をすると違約金を支払う必要があります。
このため、半年だけ、半月だけ、まして1日だけ、という利用は出来ませんでした。
でも「WiFiレンタルどっとこむ」では、好きなサービスを好きな期間だけレンタルすることが出来るのです。

 

国内で人気のポケットWiFiルーターレンタルサービス

どんなサービスが利用できるか、もう少し詳しく見ると

・ソフトバンク(データ使用量は5GB/7GB/10GB/無制限)
・ドコモ→現在は扱いなし
・au(データ使用量は5GB)
・Y!mobile→現在は扱いなし
・UQ mobile(データ使用量は無制限)

が記載されており、ご希望のプランにあわせて「ポケットWiFiルーター」をレンタルしてサービスを利用できます。
この場合、利用日数は1日から必要に応じて設定することが可能です。

 

ポケットWiFiルーターはこんなに便利

旅行や出張以外にも使いみちはたくさん

ここでは、「ポケットWiFiルーター」の便利さを解説していきます。

 

家でも外でもインターネットが使える

「ポケットWiFiルーター」は携帯できるルーターです。
充電さえしてあれば、どこでも電源オンでインターネットに接続することが可能です。
ドコモやソフトバンクのサービスエリアは日本の人口カバー率99%以上なので、安心です。
このため外出先で使うだけでなく、家に帰ってもそのまま利用できるのです。

 

工事や面倒な設定は不要!届いたらすぐにインターネットにつながる

レンタルした「ポケットWiFiルーター」はすでに設定されているので、電源オンして、みなさんのスマホやパソコンをWifi経由で接続するだけで、インターネットが利用できます。
面倒な設定はほとんど不要。

 

日本はもちろん海外でも使える

「WiFiレンタルどっとこむ」は基本的に日本国内用の「ポケットWiFiルーター」ですが、1機種だけ日本を含めた世界100か国以上で利用できる「ポケットWiFiルーター」があります。
「SoftBank GlocalMe」という機種は、そのまま海外でも利用可能、海外での課金は利用した日だけです。
料金は、データ使用量に応じて以下のようになっています。

プラン名 データ使用量 対象国 価格(/日)
レギュラープラン 500MB A 670円
B 970円
C 1,270円
大容量プラン 1GB A 970円
B 1,270円
C 1,570円

A:韓国、台湾、中国など
B:アメリカ、イギリス、フランスなど
C:エジプト、トルコ、モロッコなど

このルーターさえあれば、どこの国に旅行しても、現地に到着後に電源を入れてしばらく待てば、その国のインターネットに接続してくれるので、みなさんのスマホやパソコンはこのルーターを介してインターネットが利用できます。
面倒なルーターの交換やSIMの交換などはいっさい不要です。
この「SoftBank GlocalMe」はクラウドSIMという技術が搭載されているので、現地に到着後に電源を入れるだけで、その国のSIMに書き替えてくれるのです、便利ですね。
さらにこの「ポケットWiFiルーター」のバッテリは通常のスマホの2倍あって、連続14時間の使用が可能です。
スマホのバッテリがなくなった時は、この「ポケットWiFiルーター」から、あなたのスマホを充電できるのです。
いろいろな国に旅行や出張がある方には、非常に便利なアイテムですね。

 

旅行や出張以外にも使いみちはたくさん

旅行や出張以外にも使いみちはたくさん

さあ、もっともっと「ポケットWiFiルーター」の利用シーンを見ていきましょう。

 

旅行や出張のときに

これは説明の必要ありませんね。
海外に旅行するときはもちろんですが、日本国内でも出張先でインターネットに接続できるかどうかはっきりしない場合、移動中にも使いたい、という場合には、自分のスマホではなく「ポケットWiFiルーター」を使えば、公私の費用の区分にも便利です。

 

入院や帰省でインターネット環境がない場所に行くときに

いつもは、家のインターネット回線(光など)を使われている方でも、急な入院や帰省のときは、困りますよね。
そんな時は、必要な期間だけ「ポケットWiFiルーター」をレンタルして持参すれば、心配いりません。

 

海外に住んでいる場合の一時帰国に

いつもは海外に住んでいるあなた、海外から友達が一時帰国する時など、ぜひ「ポケットWiFiルーター」を準備しておいてください。
海外のキャリアと契約してローミングでインターネットに接続することも可能ですが、はっきり言って高いです!それなら必要な期間だけ「ポケットWiFiルーター」を利用する方が節約になります。

 

引っ越しのときのインターネット開通までのつなぎに

引っ越しの時は、前の部屋のインターネット回線を解約、新しい部屋のインターネット回線を契約、が必要ですが、ほしい時に工事をしてくれるわけではありません。
このため一時的にインターネットに接続できない状況が起こったりします。
そんな時にも「ポケットWiFiルーター」をつなぎでレンタルすれば、スマホのデータ使用量を心配しながらインターネットに接続する必要もなくなります。

 

WiMAXやポケットWiFiをお試ししたいときに

「WiFiレンタルどっとこむ」は、各社の「ポケットWiFiルーター」を取り揃えていますので、あなたが個人で契約しようと思っている「ポケットWiFiルーター」をレンタルして、あなたの家や職場などでどのくらい使えるのかをテストしてみることも可能です。
気に入ったら、その「ポケットWiFiルーター」を提供している会社と直接契約すればいいし、気に入らなければ別のものを検討できます。
いったん契約してしまうと2~3年で、途中解約すると違約金を請求されてしまいます。

 

スマホがパケ死しそうなときに

「今月は、映画見すぎた。スマホのデータ使用量がほとんど残っていない。」なんて経験ありますよね。
そんな場合は、これ以上スマホでインターネット接続はしないのも対策ですが、そんな我慢をしないで、月末まで「ポケットWiFiルーター」をレンタルしてしのぐという案もあります。
1日単位でレンタルできるので、効率いいですよね。

 

動画やVODを使い倒したいときに

「今月は、映画三昧だ。見たいものがたくさんある。でもスマホの使用データ量では足りなあ。かといって使用データ量を増やす契約も面倒だ。」というあなた、今月だけ「ポケットWiFiルーター」をレンタルしましょう。
「ポケットWiFiルーター」には、データ使用量無制限のプランもあるのでスマホのようにデータ使用量を超えると速度規制がかかって映画が見られなくなるようなこともありません。

 

容量上限ごとに借り換えてメインのWiFiとしても使える!?

多少変則的な使用方法ですが、「ポケットWiFiルーター」をレンタルして、データ使用量の制限に達したり、無制限プランでもキャリア側の速度規制に該当したりした場合は、別の「ポケットWiFiルーター」をレンタルすることで、メインで使用するインターネット接続にもなりうるということ。
ただし、あくまでもデータ使用量は常識の範囲でお願いします。
あなただけのインターネットではありません。
みんなで便利に使いましょう。

 

ビジネスにも!お店のWiFiスポットで使いたいときに

職場や、お店で急にWifiスポットを置きたいこともあります。
イベントがあったり、ある期間だけ集中で人が集まったりするような場合です。
このためにインターネット回線(光など)を引くのはたいへんです。
工事日の予約には時間もかかり、「それでは明日」というわけにはいきません。
こんな時に「ポケットWiFiルーター」をレンタルして、部屋の中におくだけでWifiスポット完成です。
不要になったら解約するだけ、工事なども全く不要です。

 

人気の理由!『WiFiレンタルどっとこむ』のここがすごい

人気の理由!『WiFiレンタルどっとこむ』のここがすごい

ここまで見たようにとっても便利な「ポケットWiFiルーター」。
そしてこの「ポケットWiFiルーター」をレンタルできるのが「WiFiレンタルどっとこむ」なのです。
「WiFiレンタルどっとこむ」の人気の秘密は、次にあるような便利なサービスです。

 

最短1日からレンタルができる!

レンタルする期間は、1日単位で指定可能。
もちろん当日1日だけでも大丈夫。
期間はカレンダーが表示される限り1年も2年でも可能です。
ただし、受取までの配送期間が必要なので早めに計画して予約しましょう。

 

365日24時間申込受付!受け取りは郵送・空港・コンビニ受取が選べる

申し込みはインターネット受付なので、365日24時間可能です。
受け取りは、コンビニ指定も出来るので忙しくて、日中は家にいない方も心配いりません。

 

データ使用量無制限や海外対応も!選べる豊富な端末

先ほど書いたように、現在は以下の「ポケットWiFiルーター」があります。

・ソフトバンク(データ使用量は5GB/7GB/10GB/無制限)
・au(データ使用量は5GB)
・UQ mobile(データ使用量は無制限)

ドコモ、Y!mobileは現在休止中のようです。
ソフトバンクの端末の中には、海外でも利用できる「ポケットWiFiルーター」も入っています。

 

すぐに端末が届く!13時までの申込みなら即日発送

13時までの申込みで当日中に「ポケットWiFiルーター」を発送してくれるので、最短翌日に受取が可能です。
基本的に利用日当日に届くように発送してくれるのでみなさんの予定に合わせて申し込めば大丈夫です。

 

宅配はもちろん、空港でも返却できる!

都合によって、宅配での返却の他に空港のカウンターでも可能です。
日本に一時帰国された方の場合は、空港返却の方が便利ですね。

 

便利なオプションサービスも

「ポケットWiFiルーター」本体以外にも、モバイルバッテリや車のシガーライターをUSBに変換するアダプターなど「ポケットWiFiルーター」を使用するのに便利なものも一緒にレンタルすることが可能です。

 

申込みは簡単!WiFiレンタルどっとこむの申込みから返却までの流れ

申込みは簡単!WiFiレンタルどっとこむの申込みから返却までの流れ

では、契約の流れを見ていきましょう。インターネットでポケットWifiなどの予約をされたことがある方には難しいことは何もありません。
では、「お申込みページ」からスタートしましょう。

1)端末の選択【日本国内専用のWi-Fiルーター】
ご希望のプランにあわせて「ポケットWiFiルーター」を選択します。
冒頭にも書きましたが、今回は日本国内での利用を想定しているので、「【日本国内専用のWi-Fiルーター】」と書かれています。
選択のポイントは

・回線提供会社(ソフトバンク、ドコモ、UQコミュニケーションズなど)
・データ使用量(5GB/7GB/10GB/無制限*)
・日数
・料金

*データ使用量無制限ですが、1日10GB以上の過度な使用が認められた場合や違法性のある使用の可能性がある場合は、通信キャリア(回線提供会社)の判断により、通信が制限または切断される可能性があります。

料金に関しては、「商品・料金」のページで興味のある「ポケットWiFiルーター」を選択すると、日数ごとの料金一覧表を見ることも可能です。

「ポケットWiFiルーター」が決まったら、「台数選択」の部分で、必要台数を選びます。
合計4台までは一緒に注文が出来ます。

2)受取返却方法
ここでは、受取返却の場所を指定します。
指定できるのは、「宅配」・「歌舞伎城、空港、渋谷ちかみち」・「コンビニ(受取のみ)」となります。
また、受取返却の方法により以下の手数料がかかります。

・宅配の場合
発送料:1台540円(税込)、2台以上の場合1080円(税込)
返却料:お客様負担

・歌舞伎城、空港、渋谷ちかみちの場合
受取手数料:1台540円(税込)、2台以上1080円(税込)(4台まで)
返却手数料:1台540円(税込)、2台以上1080円(税込)(4台まで)

・コンビニ(受取のみ)
発送料:1台540円(税込)、2台以上の場合1080円(税込)

3)ご利用期間
利用希望の開始日と終了日を選ぶと自動的に何日になるかは計算してくれます。
特に利用期間の制限はないようで、2年以上も選択は出来ました。
ただし、利用開始日は受取方法によって数日が必要なことがありますので、余裕をもって申し込んでください。
また、利用開始日は3ヶ月先まで指定することが可能です。

4)安心補償サービス
万が一の破損時・故障時・紛失時の補償サービスです。
付加することで以下をカバーしてくれます。
必要だと思ったら選択してください。

故障や水濡れなど・・・全額補償
紛失や盗難など・・・端末代金の80%を補償

5)オプションサービス
ここでは、モバイルバッテリなど本体以外に必要なものがあれば、追加で契約することが出来ます。
車で使用する予定(カーナビなど)の方には、カーチャージャー用USBもあります。

6)クーポンコードをお持ちの方は入力してください
割引クーポンなどをお持ちの方は、ここに入力してください。

以上の入力が終了したら「次へ」を押して、次のページに進みます。

7)選択内容
料金の内訳が表示されるので、内容を確認してください。

8)お客様情報の入力
これで予約をされる場合は、空欄の情報を入力していきます。

9)クレジット情報の入力
最後に支払方法として、クレジットカードの情報入力が必要です。
WiFiレンタルどっとこむ」では、現状クレジットカードによる支払しか受け付けていません。

全部入力が終われば、一番下のボタンを押して完了確認→完了となります。

 

『WiFiレンタルどっとこむ』のここに注意!

『WiFiレンタルどっとこむ』のここに注意!

こんな便利な「WiFiレンタルどっとこむ」ですが、注意しておくべき点もありますので確認しておきましょう。

 

支払いはクレジットカードのみ

現状、支払方法は「クレジットカード」のみとなっています。
振り込みやコンビニ払いには対応していません。

 

年末年始や運送混雑時は配送が遅れる場合も

これは、「WiFiレンタルどっとこむ」に限った話ではありませんが、運送が混雑する年末年始は、指定した利用開始日に届かないこともあります。
もちろん、余裕をみながら配送日を決めてはいるようですが、いろいろな理由で遅れることもあります。
状況をみながら、利用開始日を選びましょう。

 

宅配・ポスト返却は到着日に注意して!

返却に関しては、注意が必要です。
同梱されている運送業者の返送用伝票(費用はお客様負担)にて返却が可能です。
利用終了日に運送業者が受け付けていれば遅延にはなりません。
ただし、コンビニなどで利用終了日に依頼をしても集荷が翌日だと運送業者の受付が1日遅れとなり、遅延発生になってしまいます。
また宅配便以外の方法(荷物の追跡システムが無い運送業者や普通郵便など)にて返却する場合は、「WiFiレンタルどっとこむ」に端末が到着した日が利用終了日となるので遅延が多く発生します。
つまり、この方法はおすすめできません。
遅延が発生すると、返却日の延長として料金が発生します。

 

借りる前に解決!WiFiレンタルどっとこむのよくある疑問

借りる前に解決!WiFiレンタルどっとこむのよくある疑問

最後に、よくある質問への回答をみておきましょう。
契約前の疑問はすべて解決しておくことが重要です。

 

一つのルーターで複数台の同時接続はできる?

これはできます。
通常「ポケットWiFiルーター」は複数のスマホやパソコンで同時にインターネットに接続することを想定して設計されています。
「ポケットWiFiルーター」にもよりますが、5~10台程度は接続できますので、場合によっては友達と共用することも可能です。
もっと詳細を知りたい方は、「ポケットWiFiルーター」の型番が「WiFiレンタルどっとこむ」のホームページに書かれていますので、これを検索すれば各メーカーの説明書などを見つけることができます。

 

レンタル期間は延長できる?

通常は返却しない限り自動延長です。
料金に関してはカスタマーサポートに電話をすれば教えてもらえます。
このため、返却時に普通郵便で返送すると「WiFiレンタルどっとこむ」に到着した日が返却日になってしまい、投函から数日の遅れとなりその分は延長料金を請求されることになります。

 

端末のキャリアはどれを選べばいい?海外で使うにはどれを選ぶの?

現在提供されているのは、

・ソフトバンク(データ使用量は5GB/7GB/10GB/無制限)
・au(データ使用量は5GB)
・UQ mobile(データ使用量は無制限)

ソフトバンクとauはLTE(4G)と呼ばれるスマホと同じネットワーク、UQ mobileはWiMAX2+というスマホとは別のネットワークを使用しています。

サービスが提供されているエリアはLTE(4G)の方が広いでの、エリアが心配な方、WiMAX2+ではサービスされていなかった経験がある方は、LTE(4G)を選択された方がいいと思います。
一方で、WiMAX2+はインターネットへの接続する速度が比較的早い傾向にあり、速度重視の方はWiMAX2+となります。
データ使用量の制限に関してはみなさんの使用方法にそって選んでください。
海外で利用される場合は、ソフトバンクの「SoftBank GlocalMe」のみが対応しています。
他の機種は国内専用なので注意してください。

 

届いたけどエリア外!途中で端末の変更はできる?

「WiFiレンタルどっとこむ」では、電波状況の確認できないので、「エリア外」による交換には対応してくれません。
電源OFF/ON、場所の移動なので改善することもあるので、自分で確認してみてください。
それでもダメな場合は、解約して再度別の「ポケットWiFiルーター」を契約するしかないようです。
念のためカスタマーサポートに電話して試すことがあるかどうか確認してみましょう。

 

レンタル期間の短縮はできますか?

短縮はできません。予定より早く返却しても申し込み時に設定して日数分の支払いが必要です。
ただし、サービス開始4日前までは、申し込み内容(利用開始日や返却日)の変更も可能となっています。

 

まとめ

持ち運び可能な「ポケットWiFiルーター」はインターネット必須の生活には欠かせません。
スマホ単独より費用を節約できる可能性もあります。
そんな「ポケットWiFiルーター」をさらに賢く利用できるのが、「WiFiレンタルどっとこむ」です。
最短1日からレンタル可能で、データ使用量無制限のプランもあります。
ここでは、「WiFiレンタルどっとこむ」を徹底解説したので、参考にしていただき、賢く使って、しっかり節約しましょう。