WiMAX2+の対応エリア|3つの確認ポイントと圏外時の対処法

「ギガ放題」という毎月のデータ使用量無制限のプランで人気のあるWiMAX2+ですが、「私のところでは、利用可能なの?」「どこで使えるの?」と、気になりますよね。

そもそも、サービス提供エリアではない、サービス提供エリア内でもつながりにくい条件など、事前に知っておくべき内容に関して説明していきます。

多少専門的な内容もありますが、「契約したのに使えない!」とならないように、確認しておきましょう。

ここでは、WiMAX2+を契約する前に確認しておきたい対応エリアとエリア外、圏外だった場合の対処法もご紹介します。

 

WiMax2+対応エリアについて

Wimax2+ エリア

WiMAX2+は、家でも外でも使えるポケットサイズのルーターが提供されています。
どこでも通信ができるので非常に便利です。

いいことばかりのWiMAX2+ですが、場所や目的によって利用しにくい場合があるため、確認も必要です。
利用しやすいエリアはどこなのか、反対に利用しにくいエリアはどこなのか、まずその点を知ってからWiMAX2+を契約しましょう。

ここでは、WiMAX2+のインフラを提供している本家UQコミュニケーションズの情報をもとに説明させていただきます。
BroadWiMAXやGMOとくとくBBなど他のプロバイダー(サービス提供会社)はUQコミュニケーションズのインフラを利用しているからです。

 

全国的にどこまでカバーしているのか?

UQコミュニケーションズのホームページでは「ほぼ全国で通信速度が下り最大440Mbpsの高速モバイル通信が利用可能となっています」と書かれており、引き続きエリア拡大に取り組んでいます。

具体的には、基地局と呼ばれる無線設備を設置してカバーエリアを広げることに取り組んでいます。
このため、今では「首都圏のみ」とか「政令指定都市のみ」などの制限はありません。

 

地下や屋内では使えない?

地下鉄・地下街・イベントホールや大規模ショッピングセンターなどの屋内についても要望に基づいてさまざまなタイプの基地局を用意して順次対応しているので、使えるエリアが広がっています。
現在、鉄道の駅、屋内スポット、空港などどこで利用可能かはホームページで確認することが可能です。

 

地方や山間部では使えない?

地方や山間部まで問題なくエリア対応しているかと言われると、こちらは、それほど単純ではありません。
基地局の設置は高額の費用がかかるので、設置したことでどれだけ利用する人がいるかを検討しています。
特に地方や山間部は住んでいる方が分散しているので、1つの基地局でカバーする範囲に住んでいる方、訪れる方が少ないと設備投資が後回しになっていきます。

 

急速に広がっていくWiMAX2+対応エリア

サービス提供エリアの拡大だけではなく、サービス提供エリア内でも電波が届きにくいエリア(基地局のはざまなど)が存在することもあるので、こちらの改善を含め日々増強されています
携帯電話が普及していく時代を思い出すとほぼ同じ状況ですね。
昨日使えなかった場所でも、今日は使える可能性もあるのです。

 

自分の地域は対応エリア?3つの確認ポイント

対応エリア3つの確認ポイント

「ほぼ全国的に使える」と言われても、結局ご自分の使いたい場所はどうなのか?が一番重要です。
ここでは、確認方法に関して説明していきましょう。

 

まずはピンポイントエリア判定でチェック

UQコミュニケーションズのホームページでは、住所を入れるとサービス提供状況を〇、△、×で教えてくれます。

https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

他のプロバイダーでも似たようなページがありますが、そもそもUQコミュニケーションズのインフラを使用しているので、こちらで確認しておけば大丈夫です。
お住いの住所だけでなく、会社や学校でも使用予定であれば、そちらの住所でも確認しておきましょう。
ただし、〇となった場合でも「ただし、建物周辺の地形、建物形状、建物内の利用階数・窓からの距離・利用場所等により通信しにくい場合や、圏外となる場合があります。」という注意書きがついていることもあります。

 

サービスエリアマップを使えばさらに詳しく調べられる

さきほどの、UQコミュニケーションズのページには、別のタブにサービスエリアマップがあります。
こちらでは、Googleマップ上でさらに詳細な状況を確認することが出来ます。

エリアの判定は、
2018年11月末時点の440Mbps対応エリア
2018年11月末時点のWiMAX 2+サービスエリア
2019年4月末までに拡大予定のWiMAX 2+サービスエリア
のように、分類されており今後の拡大予定も確認できるようになっています。

 

お試しレンタルで事前チェック!

でも、ここまではあくまでもデータベース上でのチェック、「実際に使えるのかどうかはやっぱり不安。」と思った方には、ご心配なく。
UQコミュニケーションズはWiMAX2+用のルーターを15日間無料で貸し出すサービス、「Try WiMAX」を提供しています。
正式に契約する前にこのサービスでWiMAX2+がどれだけ自分に合っているか確認できます。

具体的にはこの「Try WiMAX」を利用すると、「自宅や外出先での通信速度は?」「インターネットにサクサクつながる?」「スマホやPC、ゲーム機にもつながる?」などの不安を事前に確認することが出来ます
郵送料(返送も含め)も無料なのでうれしいサービスです。

ただし、クレジットカードの登録、レンタル機器代の一時的なチャージ(クレジットカードのショッピング枠の確保)、期限までにレンタル端末がUQコミュニケーションズに届くように(発送ではなく)返却しないと違約金が発生など、契約条件も確認しておいてください。

 

サービス提供エリア内でも使えないことがある?

wimax2+がサービス提供エリア内でも使えない

WiMAX2+では、サービス提供エリア内にいても電波が届きにくい場所にいると通信速度が遅くなったり、インターネットに接続できなかったりすることがあります。
WiMAX2+では、スマホのLTEに比べ高い無線周波数(2.5GHz)を使用しているため、電波が届きにくい場所が出来やすいです。
これは無線の特性上どうしようもありません。
以下にもう少し説明しておきます。

 

ビル街、鉄筋の建物内、地下街など

高層ビルが立ち並ぶ街中、鉄筋の建物の中、地下街などは近くに基地局があっても電波が届きにくい場所です。
スマホの電波は届いてもWiMAX2+の電波が届かないこともあります。
特にWiMAX2+の電波は建物の裏側には回り込むことが不得意なのでビルの表と裏で状況が変わったりします

 

自宅でも通じない!?そんなことあるの?

ご自宅の場合、高層階の部屋、高層マンションのはざまなどでは電波が届きにくい場合があります。
また、窓際では電波が届くが、離れたリビングや寝室だと電波が拾えないケースもあります。
特に鉄筋のマンションなどでは、部屋や場所による差が出ることがあります。

 

サービス提供エリア内でもピンポイントで使えない場所がある

先ほども書きましたが、WiMAX2+の電波は基地局という設備から発信されています。
この電波は基地局から円を描いてある範囲に届けられます。
基地局はこの円を考えながら設置されていきますが、時には円と円のギャップ(はざま)が出来ることがあり、この場所では電波が受けられない、サービスが使用できないことがあります
もちろんUQコミュニケーションズではこのような場所がなくなるように日々チェック、増強しています。

 

WiMAX2+が圏外の時の対処法

圏外の時の対処法

いつもは使えるのに使えない、初めての場所なのでわからない、などWiMAX2+が圏外になると落ち込んじゃいます。
こんな時には、以下のことを試してみましょう。

 

場所を移動してみる

一番、手軽な方法です。
ルーターのバー表示(電波表示)を見ながら歩き回ってみましょう。
もしかしたら、状況が改善できるかもしれません。
特に、街中の場合は高層ビルが影響している可能性大なので、反対側に移動してみると状況が違うかもしれません。

 

クレードルを使ってみる

これは自宅などで、部屋や場所によって電波状況が異なる場合です。
電波が受信できる場所にクレードル+ルーターを設置します。
クレードルには有線LAN用のジャックがあるので、ここにイーサネットケーブルを接続して、使いたい部屋まで引っ張ります
あとは、PCなどのイーサネットケーブル用のジャックに差せば使用可能です。ちょっと見栄えは悪いですが、手軽な方法です。
ただ、これはイーサネットケーブルジャックのないスマホなどには使えません。

 

建物内はWifiを使ってみる

これも自宅などで、部屋や場所によって電波状況が異なる場合です。
電波が受信できる場所にルーターを設置します。
使いたい部屋で、スマホなどをルーターのWifiに接続します。無事にインターネットに接続できればOKです。
ケーブルよりも見栄えはいいですが、Wifiに安定して接続できるかがポイントです。

 

LTE回線を使ってみる

WiMAX2+用のルーターには、「LTEオプション」という機能があります。
通常はWiMAX2+使用なのですが、WiMAX2+の電波が届かない、でもLTEの電波は届く、という場合に、LTE側に接続してインターネットを使用する機能です。
便利な機能ですが注意する点もあります。

通常は有料で、一度でも「LTEオプション」を利用すると1,005円/月が請求されます。
また月7GBまでのデータ使用量の制限があり、これを超えると速度規制がかかって128Kbpsでしか接続できなくなります。
これは「ギガ放題」というデータ使用量無制限のプランで契約されている方も同じです。
しかもこの7GBには、WiMAX2+側で使用したデータ量も含まれるというちょっとわかりにくい制限になっています。

あくまでもWiMAX2+の補完という位置づけで利用しないと、WiMAX2+が使えるところでも128Kbpsでしか接続できないという本末転倒の結果になってしまいます。

 

ルーターの調子が悪い

今まで普通に使えていたのに、急に圏外になった場合はルーターに問題が発生している可能性があります。
このような場合は、ルーターを再起動してみましょう。

再起動は電源OFF→ONで簡単にできます。再起動で改善する場合もかなりあります。
これで改善した場合は故障ではないので、そのまま使っていただいて問題ありません。

また、ルーターには最新のファームウェアがプロバイダーから提供されていることもあるので、ホームページをチェックしてみてください。
もし提供されていれば、更新すると改善することもあります。
ただし、これはルーターなどの取扱に慣れている人向けです。あくまでも実施は自己責任でお願いします。

 

スマホのデザリングで代用

WiMAX2+と別にスマホを契約されている方もいらっしゃると思います。
通常の電話(Skypeなどではない)が必要な方はWiMAX2+だけでは利用できません。
あなたのスマホの契約にデザリングが含まれていれば、これが使用できます。
デザリングというのは、スマホをLTE用のルーターとして利用するサービスです。

スマホが利用できるエリアであれば、設定することでデザリング可能です。

ただし、デザリング機能では使用データ量を消費しますので、使い方によってはすぐ使用データ量の上限を超えてしまうかもしれません。これは緊急避難的な対策の1つです。

 

Wifiが使えるホテルやお店で代用

街中での最終手段は、無料/有料のWifiスポットを探すことです。
最近はスターバックスやドトールなどのコーヒーチェーン、ショッピングモールなども無料のWifiを提供しているところがありますので、「どうしても今必要。」という場合は使える対策になります。

 

プロバイダーの障害情報のチェック

WiMAX2+圏外の対策ではありませんが、状況チェックの1つです。
今まで利用出来ていて、急に圏外になった場合は、プロバイダーの設備に障害が起こった可能性もあります。
障害情報は各プロバイダーのホームページ内に提供されていますので、確認してみると状況がわかります。

 

プロバイダーのサポート窓口に連絡

圏外などの状況が継続的に起こるのであれば、プロバイダー窓口に連絡して相談しましょう。
その場合は、今までやってみたことを説明できるように整理してから電話すると相談もスムーズに進むと思います。

 

LTEのモバイルWiFi対応エリアは?現在の動向と今後の予想

lteのモバイル対象エリア

ここまでWiMAX2+のサービスを見てきました。最後に類似のサービスとして提供されている「LTEのモバイルWifi」に関して少し見ておきましょう。

WiMAX2+のサービス提供エリア外の方は、こちらが候補になるかもしれません。

大手キャリアが提供する電話ネットワークである、LTE(第四世代移動通信システム)や3G(第四世代移動通信システム)のネットワークを利用してサービスをしています。
以前は、ドコモ、au、ソフトバンクもモバイルWifiを積極的に宣伝していましたが、今はそれほど目立ちません。
そんな中で非常に積極的なのは、ソフトバンク系のY!mobileです。

LTEのモバイルWifiはサービス提供エリアは電話と同じなので、WiMAX2+よりも広くほぼ全国で使用することができます。
一方で、データ使用量の制限や料金はWiMAX2+に比べて見劣りしていました。
ここにY!mobileが新しいプランを発表しました。

今までは、月7GBまで、これを超えると速度規制で128Kbpsでした。
しかし「アドバンスオプション」をつけると、データ使用量無制限、3日間で10GBを超えると速度規制で1MbpsというWiMAX2+と同等の内容です。
ただし、サービス提供エリアは確認が必要のようです。

 

まとめ

今回は、「データ使用量無制限」で魅力的なWiMAX2+のサービス提供エリアを中心に見てきました。契約する前の確認方法もありますのでぜひ利用してみてください。
いくらサービスが魅力的でもサービス提供エリアに入っていなければどうしようもありません。
UQコミュニケーションズでは、エリア拡大の要望を受け付けているのでホームページで書き込んでみるといいかもしれません。
みなさんのインターネットライフが少しでも快適になることをお祈りしています。