Wimax2+は海外で利用できる?ポケットWiFiをレンタルした方が良い理由

最近話題のWiMAX2+、「データ使用量無制限」なので何も気にせず好きな映画が見放題です。
日本国内では、ほぼ最強のサービスですが、そんなサービスだからこそ海外旅行に出かけた先でも、そのまま使えるといいですよね。
今後、海外旅行を計画しているあなたに、WiMAX2+の海外事情、そして海外ではどうやってインターネットに接続したらいいかを解説していきます。
いまや、インターネットは生活のインフラの1つです。

海外旅行先でオロオロしないように前もって勉強しておきましょう。

WiMAX2+は海外利用できる?

WiMAX2+は海外利用できない

WiMAX2+は海外でも使用できるのか・・・?
いきなり結論から言えば、「利用できません
WiMAX2+というのは、WiMAXの後継で最新のバージョンです。
ここでWiMAXとWiMAX2+の差を簡単に説明しておきます。

WiMAXダウンロード速度40Mbpsという無線インターネットサービスで、2009年にUQコミュニケーションズが開始しました。
無線の2.5GHz帯を利用したサービスです。
その後2013年にダウンロード速度110Mbps(WiMAXの約3倍)で、WiMAX2+のサービスが開始されています。
さらに技術革新があって、今ではWiMAX2+のダウンロード速度は708Mbps(WiMAXの約17倍)になっています。
実は、WiMAXは海外でも一部の国で採用されているのですが、WiMAX2+に関しては商用サービスをしているのは、日本のみになっています。

日本しかサービスしていないので、海外で利用することは無理なのです

WiMAXを海外で使う方法

WiMAXを海外で使う方法

では、1つ前のWiMAXならどうか、と思われた方もいらっしゃますよね。
結論から言えば、「かなり限定的でしかも面倒ですが使えるところはあります」という答えになります。
すでに、「WiMAXを海外で使う」という気持ちはなくなっているかもしれませんが、もう少し詳しく説明しておきます。

海外で使う方法はWORLD WiMAXのみ

WiMAX、WiMAX2+を提供しているUQコミュニケーションズには特別のサービスが用意されています。
その名も「WORLD WiMAX」。
このサービスに関して見ていきましょう。

現在使える国は韓国だけ

現在、サポートされているのは韓国の一部の都市、ソウル、プサン、インチョン、テジョン、クァンジュ、テグ、ウルサン等になります。
詳細を確認されたい方は、Korean Telecom(KT)のホームページを見てください。
以前は米国でも利用できたのですが、2015年11月でサービスが終了してしまいました。

通常のルーターでは使えない!?

接続するには、WiMAXを搭載したパソコンが必要になります。
正直、ほとんど見かけることがありません。
みなさんが日本国内で使用されているポケット型ルーターなどは使用できません。
これの部分だけ聞いても、かなり限定的な、面倒なサービスですね。

気になる料金は?

料金は、利用登録は無料で、24時間あたり3,000ウォン(約300円)となっています。
料金だけ見れば良心的ですが・・・

使い方は?事前に国内での契約が必要!

それでも使ってみたという方向けの契約の手順です。
興味のない方は読み飛ばしていただいて結構です。

Step1:渡航前に日本国内でWiMAXの契約
Step2:渡航前にパソコンのWiMAX機能のバージョンの確認
(搭載されているバージョンにより接続できない場合があります)
Step3:渡航後、サービスエリア内でパソコンを起動
Step4:WiMAXネットワークの検索、接続
Step5:オンラインで加入手続き
Step6:サービス利用開始

手順自体はそれほど複雑ではありませんね。

海外対応のレンタル モバイルWiFiサービスがおすすめ

海外対応のレンタル モバイルWiFiサービスがおすすめ

ここまで見ると、「WiMAX2+使えないなら、海外でどうやってインターネットに接続したらいいの?」って不安になりますよね。
そんなあなたには、海外で使えるポケット型ルーターをレンタルしてくれるサービスがあります。
これらは、LTEというスマホでも利用されている無線移動通信システムの技術を使用しており、世界各国でサービスしているので安心です。
無線技術的には、こちらのLTEの方がメジャーになります。
ポケットWifiまたはモバイルWifiなどの名称で提供されているものです。

旅行や出張向けに短期〜中期レンタルのポケットWiFiサービス

このサービスでは、ポケット型のルーターをレンタルして、海外で電源オン。
このルーターにWifiを介してあなたのパソコンやスマホを接続することになります。
スマホでは、通常のLTEでの接続は使用しないので、ローミングなどでビックリするような請求にはなりません。
通常は、次のような手順です。

Step1:Webで申し込み
Step2:国内空港または宅配で受け取り。一部地域では現地も可能。
Step3:サービス利用
Step4:国内空港または宅配で返却

難しいことはありません。
契約できる期間や料金は、レンタル会社で差がありますので、ご自分の予定や希望にあったレンタル会社を探してみてください。
よくわからない方のためにいくつかご紹介しておきます。

全世界対応のポケットWiFiレンタル会社

全世界対応のポケットWiFiレンタルのオススメの会社を紹介します。

イモトのWifi

https://www.imotonowifi.jp/
世界200か国以上に対応
知名度は高く、キャンペーンもいろいろあります
地域によって端末も価格も異なります。
通常利用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

Wi-Ho!

https://www.wi-ho.net/country/
世界200か国以上に対応
最近、積極的にキャンペーン展開中。
地域によって端末も価格も異なります。
通常使用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

グローバルWifi

https://townwifi.com/
1台の端末で世界200か国以上に対応
いろいろな国に出張される時でも、面倒なルーターの交換は不要です。
現地に到着したら、電源オン。
しばらくすればその国のネットワークに自動で接続されます。
最近始まったサービスなので、料金はまだ高めです。
通常使用できるデータ量には制限がありますので、事前に契約内容を確認することが必要です。

渡航先でおすすめのポケットWiFiレンタル会社

レンタル会社は、地域別にたくさんあります。
ここで地域ごとにおすすめのレンタル会社を紹介したいところですが、地域も利用期間もいろいろ、さらにキャンペーンも刻々と変わっていくのでせっかくご紹介しても別の会社の方がよかったりします。
そこで、みなさんのレンタル会社選びをサポートしてくれるサイトをご紹介します。

価格.com モバイルデータ通信

価格.com モバイルデータ通信のサイトは渡航先、利用日数などを入力すると、数多いレンタル会社の中からおすすめの会社を探し出してくれます。
http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/?lid=md_in_top_navi3
いくつか候補を出してくれますので、気になるレンタル会社のホームページでより詳細を確認するのが効率的です。
実は、このページで契約すると特別キャンペーン価格で契約出来たりもします。

ポケットWiFiレンタル会社を選ぶときに

ポケットWiFiレンタル会社を選ぶときに

渡航先、利用日数、データ利用量で最安値、ということがみなさんの基本だと思います。
ただし、それ以外にもオプションで契約できるものがあります。

補償制度:

レンタルした端末を紛失したり破壊したような場合には、弁償金の支払いが必要となります。
これを支払ってくれるいわば保険です。
せっかく安い料金でレンタルしたので高額な弁償金を支払いたくない方は、付加されるといいかもしれません。

モバイルバッテリ:

ルーターなどのレンタル端末には、バッテリが内蔵されており、充電器もついているので電源さえあれば特に不便はありません
でも、海外旅行でショッピングの途中でバッテリ切れ、運転中にナビを使っている途中でバッテリ切れ、となったら泣いている場合ではありません。
そんなことにならないように、追加のバッテリをレンタルするオプションです。心配な方にはうれしいサービスです。

サポートデスク:

やっぱりわかりにくい時は、電話で教えてほしいですよね。
サポートデスクのレベルは会社によっていろいろです。サポートしてくれる時間も含めてチェックしておきましょう

まとめ

日本国内では最強のサービスの1つ、WiMAX2+ですが、海外の場合はほとんど利用できません
海外でのインターネット接続を考える場合は、残念ながらWiMAX2+はほとんど選択肢にならず、LTEベースのポケットWifi、、モバイルWifiと呼ばれるサービスを選ぶしかありません。
ポケットWifi、モバイルWifiのレンタル会社は、たくさんあり1つ1つチェックするのは時間もかかりますので、複数のサイトを横断で検索してくれるサイトで候補を探してから、個別にチェックする方が効率がよさそうです
せっかくの楽しい海外旅行、現地であわてないように準備してから出発しましょう。