WiMAX2+が遅い原因と対策や対処法を徹底解説

高速無線インターネットで、人気上昇中の「WiMAX2+」ですが、
でも、人気が出ると混雑して「遅いなあ~」と感じる場面も多くなります。
ここでは、「WiMAX2+」の機能や仕組みを解説しながら、遅い原因や対策、対処法等を解説し、より快適なインターネットライフを過ごせる知識を身に着けていきましょう!。
何が解決できて、何は解決できないのかを知ると現在の状況を冷静に受け止められ、いらいらする必要もなくなると思います。

WiMAX2+の通信速度に関する基礎知識

WiMAX2+の通信速度に関する基礎知識

最初に、「WiMAX2+」の基本的な性能に関して見ておきましょう。
多少、技術的な情報になりますが、知っておいて無駄はありません。

WiMAX2+の公称速度と実行速度

最新のデータ端末を利用した場合の通信速度を見ておきましょう。

公称速度

(ハイスピード)

実行速度

(ハイスピード)

公称速度

(ハイスピードプラス)

実行速度

(ハイスピードプラス)

下り速度 558Mbps

(エリアにより異なる)

40Mbpsくらい 867Mbps

(エリアにより異なる)

1.2Gbps(ケーブル使用時、エリアにより異なる)

60Mbpsくらい
上り速度 30Mbps 20Mbpsくらい 75Mbps 30Mbpsくらい

公称速度:スペック上の最大値、エリアや使用するルーターによっても異なる
実行速度:あくまでも予想値で保証するものではない
ハイスピード:WiMAX2+のみで通信
ハイスピードプラス:WiMAX2+とLTEを同時利用

ご覧のように、公称速度は500Mbpsを超えていても実行速度が100Mbpsを超えるような状況はあまりないと思われます。
「それってカタログにうそが書いてあるの?」と思われる方も多いかもしれません。
このようなサービスは「ベストエフォート型サービス」と呼ばれ、「記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
エリア内であっても、お客様のご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。
通信速度は機器の能力に依存します。」
(UQコミュニケーションズ)と書かれています。つまり、実際にどのくらいの速度で接続できるかは、エリア、時間、機器などいろいろな要素で決まるので、接続するまでわかりません。特に混雑する夕方~夜は大幅に速度が低下することもあります。

快適にインターネットができる速度とは?

「快適」の定義は人により異なるので、一概には言えません。
個人的な感覚ですが以下のような状況です。
ここでは、「快適さ」への影響が大きい「下り速度」に関して書いています。

下り速度 状況
30Mbps以上 とても快適に使える。
10~30Mbps 快適に使える。
5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できないかも
1~5Mbps PCだと動画が止まる時が出てくる速度。
1Mbps以下 動画の視聴が困難。高画質画像の表示が遅い。

おおむね10Mbpsあれば、ほぼストレスがなくなると思います。
ただし、「リアルタイムのオンラインゲームを楽しむ」場合では100Mbpsくらいないと問題があるかもしれません。
上り速度に関しては、大容量のファイルを頻繁にアップロードする人以外はそれほど困ることはないと思います。

WiMAX2+はプロバイダーによって速度は変わらない

「WiMAX2+」というのは、移動通信システムの技術の名前です。
スマホでは「LTE」という名前がよく出てきますよね。
これは4Gとも呼ばれ、第四世代の移動通信システムの技術になります。
つまり「WiMAX2+」というのは、サービスの名前ではないのです。
でも、今では「WiMAX2+」がサービスの代名詞になっています。
「WiMAX2+」を利用したサービスを提供するプロバイダーは10社以上あるのですが、その中でUQコミュニケーションズが本家となります。
他のプロバイダーはUQコミュニケーションズの設備を借りてサービスを提供しています。
いわゆるMVNO(仮想移動体サービス事業者)と呼ばれるもので、ドコモの設備を利用して携帯サービスを提供するIIJのような形です。
「WiMAX2+」では、すべてのプロバイダーはUQコミュニケーションズの設備を利用するので、回線の速度、品質や対応エリアはまったく同じになります。
逆に言えば、UQコミュニケーションズの設備が故障すると「WiMAX2+」のすべてのサービスが障害となってしまいます。

月間データ容量を超えると速度規制がかかる

「WiMAX2+」では、速度規制がかかることがあります。
プランによって速度規制の内容が異なりますので確認しておきましょう。

「Flat ツープラス ギガ放題」とは

「Flat ツープラス ギガ放題」はデータ使用量無制限プランです。
速度規制(ダウンロード時のインターネット接続の速度を制限すること)はありますが、データ使用量には制限がありません。
パソコンやスマホでインターネットをたっぷり楽しみたい方におすすめです。

*速度規制
連続した3日間でデータ使用量が10GBを超えると、翌日の18:00~翌々日の2:00までインターネット接続速度が1Mbpsに制限されます。
スマホなどでは128Kbpsに制限されネット検索すら難しい場合もありますが、1Mbpsあれば、Netflixなどで標準画質であれば映画を見ることも可能です。
速度規制後の速度が速いのもWiMAX2+の「ギガ放題」の特徴になっています。

「Flat ツープラス」とは

「Flat ツープラス」は、月間データ使用量を7GBとして、料金をおさえたプランです。
サイトの閲覧やメールなど、必要最低限の利用という方におすすめです。
7GBを超えると以下の速度規制が適用されます。

*速度規制(7GB)
当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX2+」「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

「WiMAX2+」が遅い!よくある原因

「WiMAX2+」が遅い!よくある原因

では、ここからは「WiMAX2+」の接続速度が遅くなる原因を具体的に見ていきましょう。

速度規制の問題

前述したように、「WiMAX2+」には速度規制があります。
使用したデータ量により速度規制が適用されますが、適用後の下り速度には1Mbpsと128Kbpsの2種類があります。
問題は128Kbpsに規制されてしまった場合です。
128Kbpsでは、テキストベースのメールの本文を見るくらいはそれほど問題ありませんが、写真が多いサイトを見たり、YoutubeやNeflixにアクセスしてビデオを観ようとしたりするとクリックしてもダウンロードが延々と継続する可能性があります。

7GB 速度制限にかかってしまった

「Flat ツープラス」を契約された方で、当月のデータ使用量が7GBを超えると速度規制がかかり下り速度が128Kbpsになってしまいます。

ハイスピードエリアモードの速度規制にかかってしまった

「ハイスピードプラスエリアモード」での「WiMAX2+」および「au 4G LTE」の当月の通信量の合計が7GB以上となった場合、その月の月末までの「WiMAX2+」および「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128Kbpsに規制されます。
なお、この規制が適用された後は「ハイスピードモード」の「WiMAX2+」通信もその制限の対象となります。
つまり「ハイスピードプラスエリアモード」をONの状態で、データを7GBまで使用、その後に「ハイスピードプラスエリアモード」をOFFにして「WiMAX2+」のみで使用しようとしても速度規制はそのまま適用され128Kbpsでしか通信できません。

ルーターの問題

UQコミュニケーションズが提供する「WiMAX2+」のネットワークは日々進化して、最高速度で接続できるエリアも広がっています。
でも、それにつながるデータ端末(ルーター)が古いままだと、ネットワーク側の性能を十分に活用できず、データ端末(ルーター)が原因で速度を低下させることがあります。

ルーターがそもそも古い

ルーター自体も、ネットワークと同じように日々進化しています。
このため何年も前のルーターを使用し続けていると実は接続速度を遅くしているかもしれません。

WiMAX2+ルーターの種類別最大速度

いくつかのルーターの性能を見てみましょう。
ここで取り上げたルーターは比較的新しいものです。

W06 WX05 WX03
メーカー Huawei NEC NEC
発売日 2019年1月 2018年11月 2016年12月
最大通信速度 ハイスピード 下り最大558Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

下り最大440Mbps

上り最大30Mbps

ハイスピード

プラスエリア

下り最大1.2Gbps

上り最大75Mbps

下り最大440Mbps

上り最大75Mbps

未対応
連続通信時間 ハイスピード HiP 約7時間

NOR 約9時間

ECO 約11時間

HiP 約8.1時間

NOR 約11.5時間

ECO 約14時間

HiP 約7.3時間

NOR 約10時間

ECO 約12.3時間

ハイスピード

プラスエリア

HiP 約5時間

NOR 約6.5時間

ECO 約10時間

HiP 約8時間

NOR 約10.5時間

ECO 約13時間

未対応
連続待受 休止状態 約800時間 約700時間 約1,100時間
ウェイティング 情報なし 約50時間 約45時間
バッテリー容量 3,000mAh 3,200mAh 3,000mAh
ディスプレー 約2.4インチ 約2.4インチ 約2.4インチ
サイズ W128xH64xD11.9 W111xH62xD13.3 W128xH64xD11.9
質量 約125g 約128g 約125g

連続通信時間における記号の意味は以下のようになっています。

ハイパフォーマンス(HiP):
最大558Mbps/440Mbps。
通信速度>>>電池持ち
ノーマル(NOR):
最大220Mbps。
通信速度≒電池持ち
バッテリーセーブエコ(ECO):
最大110Mbps。
電池持ち>>>通信速度

例えば、2016年12月発売のWX03では、そもそも「ハイスピードプラスエリアモード」がサポートされていないので、「LTE」接続が使用できません。
また、「WiMAX2+」での最大下り速度でも、2019年1月発売のW06は他の2機種に比べて100Mbpsほど速くなっています。

「WiMAX」通信の設定になっている

「WiMAX」は「WiMAX2+」の一世代前の技術となります。
2004年から始まったサービスで下り最大13.3Mbps/上り最大15.4Mbpsという今となっては非常に遅い速度になっています。
ルーターによっては、モードを「WiMAX」(「WiMAX2+」ではなく)に設定できるものもあり、もし「WiMAX」になっていると非常に遅い接続になっている可能性があります。

省電力モードになっている

バッテリーのモードには3種類あります。
先ほど書いたように

ハイパフォーマンス(HiP):
最大558Mbps/440Mbps。通信速度>>>電池持ち
ノーマル(NOR):
最大220Mbps。通信速度≒電池持ち
バッテリーセーブエコ(ECO):
最大110Mbps。電池持ち>>>通信速度

ですが、もし「バッテリーセーブエコ(ECO)」に設定していると最大下り速度は110Mbpsまでになります。

利用機器・Wi-Fiの問題

次は、データ端末(ルーター)と実際に利用される機器の間で速度低下が起きる可能性に関して見ていきましょう。

Wi-Fiの接続が弱い・電波が干渉している

オフィスビルやマンション等の集合住宅 、Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)、スマホ等が多い混雑した場所等では、速度が低下する場合があります。
また、iPadやiPhoneなど周辺機器でBluetooth機器を使用している場合は、電波干渉が起こっている可能性もあります。

利用機器の通信性能が低い

利用されるパソコンやスマホの実効速度は、CPUやOS、Wi-Fiモジュール等の性能に依存することがあります。
特にWi-Fiモジュール自体の機能、このWi-Fiモジュールを制御するドライバーと呼ばれるソフトウェアに制限やバグがあったりすると通信性能に影響を与えます。

Windows Vista/7/8の省電力機能で遅い

モバイルパソコンがバッテリー電源で動作している場合に、ワイヤレス ネットワーク アダプターが[省電力]モードを使用するように設定されているため、802.11 省電力機能が原因で発生します。

場所・時間の問題

最後に場所や時間により速度が低下する原因について書いておきます。

「WiMAX2+」のエリアが「△」の場所にいる

UQコミュニケーションズのサービスエリアマップであなたが利用する場所を検索した場合に、「△」となる場合があります。
「△」は、サービス可と不可の境界なので安定して接続できない場合があります。
不安定な接続の場合は、切断されるたびに再接続となり、その分の手順と時間が追加されていくので体感は遅く感じます。

機器を置く場所が悪い

これも電波状況が悪い場合です。

サービス提供エリア内でも使えないことがある?

WiMAX2+では、サービス提供エリア内にいても電波が届きにくい場所にいると通信速度が遅くなったり、インターネットに接続できなかったりすることがあります。
WiMAX2+では、スマホのLTEに比べ高い無線周波数(2.5GHz)を使用しているため、電波が届きにくい場所が出来やすいです。
これは無線の特性上どうしようもありません。
以下にもう少し説明しておきます。

ビル街、鉄筋の建物内、地下街など

高層ビルが立ち並ぶ街中、鉄筋の建物の中、地下街などは近くに基地局があっても電波が届きにくい場所です。
スマホの電波は届いてもWiMAX2+の電波が届かないこともあります。
特にWiMAX2+の電波は建物の裏側には回り込むことが不得意なのでビルの表と裏で状況が変わったりします。

自宅でも通じない!?そんなことあるの?

ご自宅の場合、高層階の部屋、高層マンションのはざまなどでは電波が届きにくい場合があります。
また、窓際では電波が届くが、離れたリビングや寝室だと電波が拾えないケースもあります。
特に鉄筋のマンションなどでは、部屋や場所による差が出ることがあります。

サービス提供エリア内でもピンポイントで使えない場所がある

「WiMAX2+」の電波は基地局という設備から発信されています。
この電波は基地局から円を描いてある範囲に届けられます。
基地局はこの円を考えながら設置されていきますが、時には円と円のギャップ(はざま)が出来ることがあり、この場所では電波が受けられない、サービスが使用できないことがあります。

通信が混雑している

電波の問題ではなく、単純にネットワークが混雑していると通信速度が遅くなります。
自動車が多くて道路が渋滞するとスピードが遅くなるのと同じ現象です。
一般には、平日の夕方~夜、週末は午後~夜にかけてインターネットを利用する方が多くなるので通信速度が低下することが多くなります。

すぐにできる対策のポイント

諦める前に試してみて!すぐにできる速度改善ポイント

ここからは、「遅いなあ・・・」と感じたときに、試してみると改善する可能性がある項目を見ていきましょう。
知っていると役に立つことがあるかもしれません。

すぐできる度★★★

まずは、手軽で簡単に試せる項目です。

ルーターを再起動してみる

単純ですが、データ端末(ルーター)の電源をOFF→ONして、再起動をしてみましょう。
長い時間連続で使用していると、ルーターのソフトウェアなどの影響で、動作が遅くなることがあります。
これは、ルーターに搭載されているCPUが使用するメモリエリアが少なくなってしまうことで発生することがあります。
この場合、再起動すると最大限使用可能なメモリが確保されることで、動作が軽快になることが理由です。

ルーターの通信設定を見直してみる

「WiMAX2+」の通信モードには、「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」があります。
もし、自動になっている場合は手動にして「ハイスピードモード」または「ハイスピードエリアモード」に固定にして試してみると状況が改善する可能性があります。
特に「ハイスピードエリアモード」では通常の「WiMAX2+」に加えて「LTE」も併用するので、効果が期待されます。
ただし、「ギガ放題」(データ使用量無制限)を契約されていても「ハイスピードエリアモード」では、月に7GBのデータ使用量制限がありますので、くれぐれもお気をつけください。
これを超えると速度制限がかかり128Kbpsになってしまうので、大幅に遅くなってしまいます。

ルーターと利用機器をつなぎ直してみる

データ端末(ルーター)とパソコンやスマホなどの利用機器は無線の場合はWi-Fi、優先の場合は、USBケーブルやイーサネットケーブルで接続されます。
Wi-Fiの場合は、いったん接続をOFFとして再度接続をやり直してください。
USBケーブルやイーサネットケーブルで接続している場合は、ケーブルを外して再度接続してみてください。
接続手順が再度実行されますので、改善する場合もあります。

利用機器の通信設定を見直してみる

パソコンやスマホなどの利用機器側の通信設定をチェックするのも効果があるかもしれません。
Wi-Fiモジュールの設定は、最大速度をサポートするようになっているか、はもちろんですが、余計な通信機能、例えばBluetoothを使用していないのにONにしているとその分余計な作業が利用機器側で発生するので、速度が低下する場合があります。

機器を置く場所を変えてみる

データ端末(ルーター)を置いている場所も影響があります。
家の中でも、リビングの中心だけではなく、窓際や玄関などに置くと状況が改善する場合もあります。
ホテルの部屋などでは、窓側やドア側など1つの部屋の中でも移動してみてください。
無線は、目に見えませんので移動しながらチェックしてみてください。
電波状況の表示(電波の強さ)も参考にしましょう。

Wi-Fiの接続方式を変えてみる

ちょっと専門的ですが、Wi-Fiには2.4GHzと5GHzの2種類があります。
データ端末(ルーター)側と利用機器(パソコンやスマホ)側のいずれもが、2.4GHz/5GHzの両方に対応している場合は切り替えて試してみると差があるかもしれません。
無線の特徴としては、2.4GHzは比較的広く届きますが速度は遅め、5GHzは届く範囲は狭いですが安定して接続できれば高速になります。
5GHzの方が高速ですが接続が安定しないと、データの再送信が頻発して、結果的に速度が低下する場合があります。
また、使用するCHもいくつか用意されており周辺のWi-Fi信号をみながらCHがだぶらないように自動で設定しますが、周辺の機器もON/OFFを繰り返すので結果的に同じCHを使用すると混信が起こり速度低下する場合もあります。
データ端末(ルーター)によってはCHを手動で設定できる機能もありますので、気になる場合は手動で変更してチェックするのも有効です。

すぐできる対策値★★

続いては、多少作業が必要ですが、試していただきたい項目です。

場所を移動してみる

外出中に、屋外で利用している場合、ビルの反対側に移動してみると状況が変わる場合があります。
また、大きなビルが少ないエリアに移動すると状況が改善することもあります。
「WiMAX2+」の電波は、直進性には優れているのですが、大きなビルを回り込むように進むのは苦手なので、地上局から見てビルの反対側にいると、電波が届きにくい場合があります。
無線は、目に見えませんので移動しながらチェックしてみてください。
電波状況の表示(電波の強さ)も参考にしましょう。

利用時間帯を変えてみる

「WiMAX2+」さらにその先のインターネットの接続できる量は一定です。
接続する人数が少なければ、一人当たりの使える量(速度)が大きくなりますが、逆に人数が多いと速度が遅くなります。
つまり、みなさんが接続したいと思う夕方~夜は、インターネットが一番混雑する時間です。
人数が多くなるので、一人当たりの使える量(速度)が低下、遅くなるわけです。
これは改善する策がありませんので、利用する時間帯を変更してみるしかありません。

ルーターと機器をUSBケーブルで繋いでみる

データ端末(ルーター)とパソコンやスマホなどの利用機器は、通常Wi-Fiを使って接続されると思います。
周辺に雑音を発する機器(電子レンジや発電機、モーターなど)や近所でたくさんのWi-Fi信号が送受されている場合は、Wi-Fiの送受信に影響があり速度が低下する場合があります。
これは、正常に受信できなかった場合に再度送受信を行うので、結果的に速度が低下するためです。
このような場合は、無線接続のWi-Fiの代わりに有線接続のUSB(特にポケット型ルーターの場合)を使用すると状況が改善することがあります。

ルーターと機器をLANケーブルで繋いでみる

据え置き型のデータ端末(ルーター)には、イーサネットケーブル接続用のジャックも用意されています。
スマホは難しいですが、パソコンの場合直接イーサネットケーブルで接続してみてください。

ルーターのアンテナを作る

これは、自作する自信のある方向けです。
データ端末(ルーター)が受信できる電波が弱い場合は、アンテナを作製して電波の強度を上げると速度が改善します。
いわゆるパラボラアンテナです、名前を聞かれたことがある方もいらっしゃるでしょう。
簡単な自作の方法は、金属洗面器とそれを支えるラック、洗面器の中心にデータ端末(ルーター)を留める器具です。
金属洗面器の中心に電波が集まりますので、その辺りにデータ端末(ルーター)を留めてあげればいいわけです。
なお、ラックを使って洗面器を斜めに立てかけるようにする方が電波を集めやすくなります。
興味がある方は、「WiMAX2+ アンテナ」で検索するといくつか例がみられると思います。

すぐできる度★

ここからは、かなり根本的な作業で、時間とお金もかかりますので試される場合はご注意ください。
場合によってはもとに戻すことが難しい場合もありますので、契約条件をよく確認してください。

ルーターを最新機種に変更する

使用されているデータ端末(ルーター)を確認してみてください。
2年以上前の機種の場合は、データ端末(ルーター)を交換した方がよいかもしれません。
これは、サポートしている通信速度自体が高速になっていることもあるのですが、2年かの間に問題解決をした機能が最新機種に盛り込まれています。
つまり、古い機種では問題が内在していたが、最新機種では解決されている場合もあります。
データ端末(ルーター)の機種交換に関しては、プロバイダーのよっては契約期間により無料で対応してくれるところもあります。

通信プランを見直してみる

「Flat ツープラス」を契約された方で、当月のデータ使用量が7GBを超えると速度規制がかかり下り速度が128Kbpsになってしまいます。
この状況では、映画を観るのはほぼ不可能、メールの本文チェックがやっとなので、かなりストレスがかかる状況です。
年に何度かこのような状況になる方は、プランを見直して「Flat ツープラスギガ放題」に変更した方がよさそうです。
こちらも速度規制はありますが、下り速度は1Mbpsなので標準画質であれば、映画を観ることも可能です。
プロバイダーによっては、契約期間(2年または3年)を変更しなければ「Flat ツープラス」と「Flat ツープラスギガ放題」の変更は自由というところもありますので、リスクなく確認することも可能です。

別の回線に乗り換えてみる

最後に「WiMAX2+」の電波自体がどうしても安定して受信できない場合は、解決策は別の回線に乗り換えることになります。
別の回線としては、家で利用するなら光固定回線、外出先で利用するならドコモなどのLTEのポケットWifiになります。
光固定回線の場合は、「WiMAX2+」をSo-netやBIGLOBEなどのプロバイダーと契約されている場合は、同じプロバイダーで乗り換えが可能なので、手続きやキャンペーンで有利な場合もあります。

まとめ

今回は、高速無線インターネット「WiMAX2+」を使用しているが「接続速度が遅い」と感じている方に、どんな解決策があるかを説明してきました。
確実に解決する策はないのですが、その状況に応じて何をすればいいかを知っていると原因にたどり着く時間が短縮されると思います。
インターネットはすでにインフラの1つです。接続速度が遅くていらいら、そんなストレスがかかる時間を少しでも減らして、インターネットライフを楽しみましょう。