【2019年】WiMAX2+おすすめプロバイダー|人気ランキングBEST5

WiMAX2+プロバイダーは、現在では国内に十数社以上も存在します。

WIMAX2+はUQ(旧KDDI)の回線を使用しているので、回線速度やエリアはどの会社を選んでも一緒です。

しかし、それぞれのプロバイダーには「料金」や「キャッシュバック」「キャンペーン」などにプランに違いがあるので、自分に適したサービスを見つける事が重要で大切であります。

2019年におけるWiMAX2+のおすすめプロバイダーを、ネット環境アドバイザーのレオが独自の視点と見解でランキング形式で紹介しますね!

1位 Broad WiMAX

broad WiMAX


【特にこんな方におすすめ】

・とにかく月々の支払い料金が安いのがいい
・知名度は重要、安心できる
・他プロバイダーのWiMAX2+から乗り換えたい

メリット

・初期費用(18,857円)が無料になる
・口座振替できる(ただし18,857円の初期費用がかかる)
・他社のWiMAX2+から乗り換える場合は、違約金を19,000円まで補償してくれる

デメリット

・他プロバイダーにはない初期費用(18,857円)が一応、設定されている
・キャンペーンの条件でオプションに加入する必要がある

キャンペーン内容詳細

最近、Web広告では非常に目立つBroadWiMAXです。
BroadWiMAXだけにある「初期費用」(18,857円)。

でも、この初期費用は簡単に「無料」にすることが可能なので、デメリットとはなりません。

また他プロバイダーにない「違約金当社負担」のキャンペーンも展開中なので、乗り換えにおいても安心できるプロバイダーでしょう♪

初期費用無料キャンペーン

以下の2つを満たすと「初期費用」(18,857円)が無料になります。

・Webフォームから「月額最安プラン」を「クレジットカード」払いで申込しこむこと。

・「指定オプションサービスに初回加入」(安心サポートプラス・MyBroadサポート)すること。

なお、オプションは有料なので、利用されない方は商品到着後に解約しておかないと費用が発生します。

違約金当社負担キャンペーン

他社WiMAX2+からBroad WiMAXへ乗り換えされた方の初期費用、違約金(最大19,000円まで)をBroad WiMAXが負担してくれます。

ただし、乗り換え後は、以前利用していたサービスへ戻すことはできません。


2位 GMOとくとくBB WiMAX2+

GMOとくとくBB WiMAX2+



【特にこんな方におすすめ】

・キャッシュバックができるだけ高額な方が嬉しい
・知名度は重要、安心できる
・割引クーポンは、きっちり使う

メリット

・3年間の実質月額が最安値
・20日以内であれば解約違約金無料でキャンセル可能(送料は自己負担)
・平日15:30まで、土日祝14:00までに申し込めば即日発送してくれる

デメリット

・キャッシュバックが受けられるのは、11ヶ月後で申請が必要
・契約解除手数料が高い

キャンペーン内容詳細

「GMOとくとくBB」を選ぶ方に重要な部分は「キャッシュバック」なので、キャンペーンの内容をしっかりと、確認しておきましょう。

キャッシュバックをもらい損ねないように、「割引クーポンは、きっちり使う」という細かいところに気が回る方におすすめです。

キャッシュバック特典の詳細

キャッシュバックは、指定するルーターにより金額が異なります。
現在提供されているルーターはいずれも最新機種で(W04など一世代前の機種は端末リストから消えている)、キャッシュバック金額は以下のようになっています。

ルーター機種 クレードル キャッシュバック金額
Speed Wi-Fi NEXT WX05 34,000円
30,500円
Speed Wi-Fi NEXT W05 33,900円
30,400円
WiMAX HOME 01 -(据え置き型) 38,000円
Speed Wi-Fi HOME L01s -(据え置き型) 38,000円

現在は、ポケット型のルーターよりも部屋に据え置く形のルーターの方が高額のキャッシュバックを受け取れます。

また、クレードル付を選択した場合は、クレードルの金額分(3,500円)がキャッシュバック金額から減ることになります。

WEBのキャンペーンページで申し込む

このキャンペーンは、「GMOとくとくBB」の新規会員のみです。
過去に会員登録したことがある方には適用されません。

このため、GMOとくとくBBで他の契約(光固定、ADSLなど)をされている方も対象外となります。

申し込みは、Webのみ。支払いはクレジットカード払いのみとなっています。

11ヶ月目に指定ページから申請

キャッシュバックは契約時ではなく、契約月を含む11ヶ月目にメールで連絡を受け手続きをすることによって受け取れます。逆に手続きを忘れると受け取ることが出来ません。

ここでいくつか重要な点があります。

まず、メールが届くのは、「GMOとくとくBBからもらえるメールアドレス」のみです。他のメールアドレスには届きません。

通常、このメールアドレスを使用している方は、あまり多くないと思われますので、定期チェックが必須です。

次にキャッシュバック手続には期限があります。

期限は、メール送信日(メール受信日ではない!)の翌月末までとなっています。

例えば2月初めにメールが届いても、送信日が1月31日だった場合は、2月末日までに手続きをしないとキャッシュバックが受けられません。

手続きは、メール内のURLにアクセスして、振込んでほしい口座情報を登録することになります。

指定口座にキャッシュバックが振り込まれる

手続きが無事に完了すれば、返信した翌月末(営業日)に指定の口座に振り込まれます。


3位 カシモWimax

カシモWiMAX



【特にこんな方におすすめ】

・人と違うことをしたい
・「チャレンジ」という言葉が好き

メリット

・他プロバイダーにはない、データ端末、モバイルWi-Fiルーター、モバイルバッテリーの3役をこなす「Triprouter」を選ぶことができる
・2年契約にすると最安値に近い

デメリット

・最新のモバイルWi-Fiルーターを選択すると、月額料金が高くなる

キャンペーン内容詳細

「カシモWiMAX」は、2017年10月に始まったばかりのプロバイダーです。

後発のプロバイダーなので、何とか特色を出していこうと頑張っています。

カシモお得割引、カシモ長期割引

いずれもモバイルWi-Fiルーターに「Triprouter」を選ぶことで適用されるので、申請など面倒な手続きはありません。


4位 So-net WiMAX2+

So-net WiMAX2+

【特にこんな方におすすめ】

・わかりやすいことが一番
・老舗という言葉に安心する

メリット

・月額料金が3年間変わらない

デメリット

・キャッシュバックはない
・口座振替はできない

キャンペーン内容詳細

ソニーが運営する老舗プロバイダーのSo-net。

WiMAX2+以外にもNURO光などインターネットに関する経験は豊富。
安心感はありますね。

月額大幅割引キャンペーン

So-netのホームページ・電話から申し込んだ方で、申し込みから3ヶ月後の月末までに利用開始となった方には月額が3年間毎月1,259円引きとなるキャンペーン。

受け取るために手続きをしたり、オプションに加入したりするような条件はありません。

5位 JP wimax

jpwimax 公式サイト


【特にこんな方におすすめ】

・とにかく安いのがいい
・割引クーポンを使い忘れることが多い
・Amazonで買い物をすることが多い
・知名度にはあまりこだわらない

メリット

・最初の支払いよりも前に10,000円キャッシュバック(Amazonギフト券)がもらえる

・実質月額料金が安い

デメリット

・契約解除手数料が高い

キャンペーン内容詳細

他のプロバイダーと異なり、キャッシュバックはAmazonギフト券です。
かつ、ほぼ契約と同時に提供されるので、「割引クーポンを使い忘れることが多い」方でも心配無用。

キャッシュバックの受け取り方は、簡単3ステップ。

ステップ1

WEBから契約申し込み。

申し込み完了メールに「ギフト券申請URL」が記載されています。

申し込み後すぐに自動送信となるので、確認してください。

アドレスの入力間違いやドメイン設定などで、受け取れない場合は問い合わせをしてください。

ステップ2

最短即日発送で、すぐに端末を受け取れます。

端末と同封の契約書面にギフト券申請に必須の「契約ID」が記載されているので、確認ください。

ステップ3

ステップ1の「申請URL」に、ステップ2の「契約ID」を入力すると、すぐに使えるAmazonギフト券1万円分が発行されます。


各プロバイダーの料金を比較

料金チェック

まずは、みなさんが一番気になるのは、「料金」だと思います。

ここでは単に月額料金を比較するだけではなく、キャッシュバックなどの割引を含めての「実質月額」を示しているので参考にしてください。

なお、「ギガ放題」「3年契約」で比較しています。

GMOとくとくBB JPWiMAX BroadWiMAX So-net カシモWiMAX BIGLOBE WiMAX2+ UQWiMAX
端末料金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 3,800円~
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
キャッシュバック 38,000円 10,000円

Amazon

0円

初期費用無料

0円 0円 0円 0円
月額料金

1ヶ月)

3,609円 2,800円 2,726円 3,380円 1,380円 3,145円 3,696円
月額料金

2ヶ月)

3,609円 2,800円 2,726円 3,380円 3,380円 3,145円 3,696円
月額料金

3ヶ月)

4,263円 2,800円 3,411円 3,380円 3,380円 3,830円 3,696円
月額料金

(~24ヶ月)

4,263円 3,500円 3,411円 3,380円 3,380円 3,830円 4,380円
月額料金

(~36ヶ月)

4,263円 4,100円 4,011円 3,380円 4,079円 4,380円 4,380円
3年合計金額 117,160円 124,100円 131,626円 124,680円 128,068円 143,110円 162,428円
実質月額 3,254円 3,447円 3,656円 3,463円 3,557円 3,975円 4,519円
最大契約解除料 24,800円 30,000円 19,000円 19,000円 19,000円 19,000円 19,000円

ご覧のように、UQコミュニケーションズが提供するUQWiMAXは最高値になっています。

もちろん、ネットワークを持っているという意味では安心感はありますが、料金では他のプロバイダーはとても頑張っています。

実際は、料金に加え各プロバイダーの特徴もありますので、個々のプロバイダーごとにもう少し詳しく見ていきましょう。

おすすめ順にプロバイダーの特徴を説明していきます。

【特にこんな方におすすめ】を書いていますので、「そう!そう!」という項目があったら、要チェックです。

まとめ

WiMAX2+プロバイダーは各会社によって料金や特徴が違うことが理解できると思います。

一番重要なのは、何年の契約を行うか?そのうえでキャンペーンやキャッシュバックを含めた、トータル的な料金体制を比較することが重要です。

各プロバイダーにはメリットもデメリットも存在しますが、当サイトでは2019年度は「Broad WiMAX」を一番に推奨しています。

キャッシュバックのもらい忘れや、申請手続きの面倒さもなく、最初から月額料金が安くうけれるプロバイダーとして、安心安定のサービス会社です。
また、Broad WiMAXは「アマゾンギフト券のキャンペーン」も行っているので、ある意味、キャッシュバックが与えられます。

ユーザーに一番の還元率をもたらせてくれるプロバイダーであると思います。


broad WiMAX