WiMAX2+ルーターの賢い選び方!おすすめの機種はこれ!

「データ使用量無制限」の宣伝で有名なWiMAX2+、国内では最強無線インターネット接続サービスの1つです。
無線といってもあなたが持っているスマホで、いきなりWiMAX2+のサービスが利用できるわけではありません。
「どうしたらいいの?」と心配しないでください。
ここでは、どうやってWiMAX2+のサービスを利用したらいいかをわかりやすく解説していきたいと思います。

WiMAX2+を使うにはルーターが必要

WiMAX2+を使うにはルーターが必要

WiMAX2+というのは、無線移動通信システムの技術の名前ですが、UQコミュニケーションズがサービスを開始して以来、サービス名として受け入れられています。
今では、10社以上のプロバイダー(サービス提供会社)がWiMAX2+のサービスを提供して、日本の人口カバー率99%になっています。
ほぼ全国で使えるというところまで広がっています。
無線の技術としては、みなさんおなじみドコモやソフトバンクが提供しているLTEという無線技術を使ったサービスが有名です。
LTEではみなさんのスマホで直接サービスが利用できますね。
でも、WiMAX2+では残念ながら、スマホ直接ではなくルーターと呼ばれる端末を経由してサービスを利用することになります。
ルーターとみなさんのスマホまたはパソコンはWifiで接続されます。
ルーターは、みなさんの各種端末を一手に引き受けてWiMAX2+のネットワークに接続してくれるありがたい機能です。

WiMAX2+用ルーターは大きく分けて2種類

そんなルーターには、使い方によって2種類の形が用意されています。
ポケット型とホーム型になります。
ポケット型は、その名の通りポケットにも入る大きさです。
これなら、カバンやポケットに入れて外出、どこでもいつでもルーター経由でWiMAX2+のサービスが利用可能です。
ホーム型は、家のリビングなどに置いて利用するものです。
通常バッテリは搭載されていないので、持ち運びは出来ません。
ただし、リビングにおいても違和感の少ないスタイリッシュな形になっています。

ルーターはプロバイダーからもらう?自分で用意する?

WiMAX2+を利用するには、プロバイダーと契約が必要ですが、10社以上あるプロバイダーごとに契約の内容はいろいろです。
契約内容の1つに、ルーターを無料でサービスするプロバイダーもあります
特に最近ではルーターを無料で提供するプロバイダーが増えています。
無料で提供されるルーターの機種はいろいろあり、最新のものから少し古いもの、ポケット型やホーム型など選ぶのに迷ってしまいそうです。
もちろん自分で購入することも可能です。
インターネットで検索して見ると、少し古い機種を中心に中古が販売されています。
最新のルーターが一般に販売されているのはほとんど見かけませんけどね。
これもプロバイダーがほぼ無料で提供しているからなんでしょう。

プロバイダでルーターがもらえる・購入できる

プロバイダでルーターがもらえる・購入できる

先ほども書きましたが、かなりのプロバイダーでルーター無料キャンペーン中または割引キャンペーン中です。

ルーターが無料・格安のキャンペーンをやっているプロバイダーも

Webで契約画面を開くと、プランなどの他に使用するルーターの機種を選択できます。
よく見ると金額が書かれていないことが多いです。
これはどのルーターでも無料で使用できるという意味なんです。
金額が書かれている場合でも、通常なら20,000円くらいする最新ルーターが5,000円くらいで表示されることも多いです。

プロバイダでルーターをもらう・購入するメリット

プロバイダーからもらえるなら、もらっちゃいましょう。
解約時にも返却を要求されることはないようです

プロバイダでルーターをもらう・購入するデメリット

う~ん、デメリットは見当たりません。
唯一あるのは、無料のルーターはちょっと古い機種だけ、という場合ですが、最近は新しい機種でも無料で配布するプロバイダーが増えているのでデメリットを探すのは難しいです。

自分でルーターを用意することも可能・・・だが

自分でルーターを用意することも可能

という章を作ってみたのですが、そもそもWiMAX2+用のルーターは普通の家電ショップなどでは販売されていません
プロバイダーとの契約が必須なので、買ってあとは自分で何とかする、という訳にはいきません。
このため、プロバイダー側も契約しようとした方にルーターを案内するという形をとっており、通常はWebでの契約の途中に「どのルーターにしますか?」という質問が出てくることになります。
中古などがネット上のオークションサイトで販売はされていますが、ほとんど需要はなさそうです。

WiMAX2+ルーターの選び方は?チェックするポイント

WiMAX2+ルーターの選び方は?チェックするポイント

WiMAX2+は、そもそもモバイルWifiとしてサービスが始まったので、外で利用される方が多いと思いますが、その高速性データ使用量無制限という機能で、家の固定インターネット回線(光、ケーブルなど)の代わりに使用される方もいます。
このため、ルーターも外出時におすすめの「モバイルルーター」と家に据え置く「ホームルーター」の2つの機種が提供されています。
以下、個々の機能に関して見ていきましょう。

サイズ・重さ

これは「モバイルルーター」では重要ですね。
スマホやパソコン以外にルーターを持ち運ばないといけないので、あまり大きいと大変です。
ご自身のかばんや服装、通勤通学距離などで許容範囲も異なります。

バッテリー容量(連続使用時間)

モバイルルーター」では、最重要項目かもしれません。
通常は、朝出かけて家に戻るまで充電できる機会や場所はほとんどありません。
このため、例えば1回の充電で10~12時間ほど持てば最高ですね。
WiMAX2+では、通話機能はないので待機時間はあまり関係なく、連続使用時間が重要です。最悪の場合は、別にモバイルバッテリも持っていれば無敵です!

高速通信対応かどうか

WiMAX2+を考える方は、みなさん高速通信を期待されているので、最大ダウンロード速度をチェックしてください。
アップロード速度もありますが、ビデオを見る、カーナビに使う、SNSチェックなどは、ほぼダウンロードの時間で体感が変わります。
ダウンロード中と出るといらいらしてしまいますね。
WiMAX2+の最速のダウンロード速度は、708Mbpsになります。
少し前までは440Mbpsでした。
もちろん、最速に対応していれば言うことありませんが、440Mbps対応であれば、通常使用には問題ありません。
そもそも最速ダウンロード速度は、周囲の環境がベストでないと達成できませんので考える必要はないでしょう。

LTEオプション対応かどうか

「LTEオプション」は、WiMAX2+の電波が届かない場合に、通常のスマホで使用されているLTE(4G)のネットワーク(この場合はau)を利用してインターネット接続する機能です。
本来、WiMAX2+が使いたいから契約したので不要なのですが、WiMAX2+のサービスエリアはLTEほどは大きくなく山間部、人口が少ない地域、ビル街などうまく電波が受信できない時に緊急避難的に使用する機能だと思ってください。
この機能があればいざという時にLTE側に逃げることができます
ただし、利用上の制約(データ使用量など)もありますので、使用される場合は注意が必要です。

最大接続台数

WiMAX2+のルーターを利用する場合は、みなさんのスマホをWifiでルーターに接続してインターネットに接続できるようにします。
1台のルーターで何人(端末の数)まで同時に利用できるかが「最大接続台数」になります。
通常は、自分のスマホとタブレット、パソコンくらいなので、あまり問題になりませんが、会議などで多くの人が同時に接続する場合は確認しておく必要があります
また、家の中で家族全員でスマホ、ゲーム機を接続するような場合も注意が必要ですね。

クレードルがついているか

クレードルとは「ゆりかご」の意味です。
「モバイルルーター」をのせて充電したり、そのまま使用したりできます。
クレードル自体は、家のコンセントに接続しておきます。
通常は外に持ち出すような用途はありません。
ただ、クレードルには有線LAN用のイーサネットのケーブルを差せるジャックがついているので、Wifiがついていない古いパソコンでWiMAX2+を使用したい場合にはクレードルがあると便利です。
外でも家でもWiMAX2+を使いたい、という方にはとっても便利なクレードルですが、プロバイダーのルーター無料キャンペーンでは除外されていることが多いです。
このため必要な方は有料での購入となりますので、お気をつけ下さい。
本当に必要かどうかをインターネット利用の場面を想像してもう一度チェックしておきましょう。

最新版!今おすすめのWiMAX2+ルーターを紹介!

WiMAX2+のレンタルは出張や旅行に超便利

最後に、今おすすめのルーターをご紹介します。

モバイルルーター

持ち運べる「モバイルルーター」の最新機種、W05です。
現在の最速ダウンロード708Mbpsに対応しています。
連続通信時間は9時間ですので、ほぼ1日使用できると思います。
すでにUQコミュニケーションズ(WiMAX2+の本家)で選べるルーターに入っていますが、4,800円と有料です。
ただし、他のプロバイダー、Broad WiMAXではキャンペーン中で無料となっています。
ただし、クレードルにはいずれも追加料金が必要です。
バッテリー容量を重視の方には、WX05という選択肢もあります。
最大ダウンロード速度は440Mbpsとなりますが、連続通信時間は11時間に延びています。

ホームルーター

部屋に据え置きの「ホームルーター」の最新機種、HOME 01です。
安心の国産機種です。
ダウンロード速度は440Mbpsですが、通常利用では問題ありません。
部屋に置いても違和感が少ないようなスタイリッシュなデザインになっています。
また、家族みんなでも使えるように同時接続端末数は22台になっています。
こちらもUQコミュニケーションズでは、4,800円で提供されています。
ただし、Broad WiMAXではキャンペーン中で無料となっています。

まとめ

ここでは、WiMAX2+を利用するために必要なルーターに関して説明してきました。
プロバイダーの中には、ルーターを無料で提供してくれるキャンペーンを行っているところもありますので積極的に活用しましょう。
自分で見つけるのは難しいのでプロバイダーから購入するのがおすすめです。
ご自身のライフスタイルに合わせて、ルーターも選んでくださいね。